新型コロナウイルスのワクチン接種について

公開日 2021年06月07日

更新日 2021年10月14日

若い世代の方の新型コロナウイルスワクチン接種について

 現在、中津市では12歳以上の方の接種を進めていますが、40歳代までの若い世代における接種率が低い状況です。(10月3日(日)現在で40代までの接種率:1回目約66%、2回目約45%)
 感染力の強いデルタ株などに感染すると、若い方でも重症化するという報告もあり、「自分は若いから大丈夫」と侮ってはいけません。また、ワクチン接種のメリットは、副反応のリスクを上回ります。大分県のデータによれば、1万人あたりの感染者数(7月12日~8月30日)は、ワクチン未接種者が52.0人であるのに対し、2回接種済みの場合3.6人と、ワクチン接種の効果が明らかです。
 大切な人、そして自分のために、早めのワクチン接種をお願いします。

新型コロナワクチン接種啓発チラシ[PDF:1020KB]

10月以降のワクチン接種について【9月1日更新】

10月以降の国からのワクチン供給が不確定です。ワクチン接種を希望される方は早めのご予約をお願いします。

12~15歳の方の新型コロナウイルスワクチン接種券を発送しました【9月3日更新】

中津市では、現在、16歳以上の皆さんのワクチン接種を進めています。
今回、「12~15歳の方」へ、新型コロナウイルスワクチンの接種券を発送しました。
接種券がお手元に届き次第、予約可能です。予約方法はインターネットまたはコールセンターでの電話予約ができます。

  • 12歳から15歳の接種について、加来小児科医院、前田内科医院、末廣医院に電話される際は受付対象か確認の上で電話していただくよう、おねがいいたします。電話をする際は、診療時間を確認の上で時間内にお願いいたします。
  • また、12歳から15歳の接種が可能な医療機関は限られます。一覧を確認していただき、くれぐれも、他の医療機関でご予約をしないようお願いいたします。既に他の医療機関で予約をされた場合は、予約の取直しをお願いいたします。

12歳以上15歳以下の方の接種券を送付します(10/6更新)[PDF:651KB]

  • 対象者:12~15歳となる方
    ※平成18年4月2日から平成21年9月1日までに生まれた方
    ※中津市では、12歳の誕生日を迎えた翌月にワクチン接種の接種券を送付しています
  • 予約受付開始日:接種券が届き次第、随時
  • 予約申込方法等
  • 集団接種開始予定日:9月中旬から

※通院・入院中の医療機関で接種をご希望の方は、その医療機関へご相談ください。

接種券発送等に係るお問い合わせ窓口

接種券の発送等に係る、市民の皆さんからのお問い合わせやご相談は、次の窓口で対応いたします。

◇中津市新型コロナ電話相談窓口
 電話番号:0979-22-5551
 受付時間:9時~17時(平日)

大分県営ワクチン接種センターの予約受付開始について【8月20日更新】

大分県では、8月21日(土)午前9時から県営ワクチン接種センター(県庁舎新館14階展望ホール)でのワクチン接種の予約受付を開始します。県営ワクチン接種センターでは、平日(夜間)と週末(終日)にワクチン接種が受けられます。
50歳代のほか、接種を急ぐすべての年代の方が申し込み可能です。詳しい内容は、大分県ホームページ「県営ワクチン接種センターの設置について」をご確認ください。

ワクチン接種への取り組みについて【8月18日更新】

全国的な感染拡大状況は7月以降増加が続き、これまでにない勢いで第5波が拡大しています。大分県内においても、本日(8月18日)、過去最多となる162人の感染者が確認されました。
デルタ株による急速な感染拡大が続く中で、大分県においては「不要不急の外出自粛」、「飲食店の21時までの営業時間短縮要請」など感染防止対策が新たに発表されたところです。
また、中津市においても、特にこの8月に入ってからは急激に感染者が増加しており大変危惧される状況にあります。市民の皆さまには不要不急の外出の自粛と併せて、県をまたぐ、特に感染が拡大している地域への往来は極力控えていただくとともに、これまで以上の感染予防の取り組みをよろしくお願いいたします。

奥塚市長からのお願いやワクチン接種については、「新型コロナウイルス(デルタ株)への更なる感染予防の取り組みのお願い」「新型コロナウイルスに関するお知らせ」でお知らせしています。

中津市における新型コロナワクチン接種実績

中津市では、集団接種は県内で最も早い5月1日から、医療機関における個別接種は5月10日から開始しています。
中津市医師会をはじめ各医療機関の全面的なご協力のもと、接種は順調に進んでいます。
中津市の集団接種では、接種する方が受付後に会場内で一度着席すれば、医師や看護師が巡回して接種を行い、最後の健康観察まで座ったままで終了することができ、来場者のみなさまにご負担をおかけしません。
安心してご来場ください。

新型コロナワクチン年代別接種率 ※10月10日現在
年代 接種対象者数 1回目接種数

1回目接種率

2回目接種数 2回目接種率
60歳以上 約31,400人 28,467 90.7% 28,163 89.7%
50代 約10,300人 8,058 78.2% 7,400 71.8%
40代 約11,200人 8,073 72.1% 7,008 62.6%
30代 約9,500人 6,451 67.9% 5,320 56.0%
20代 約7,700人 5,012 65.1% 4,123 53.5%
16~19歳 約3,200人 2,296 71.8% 1,854 57.9%
12~15歳 約2,700人 1,608 59.6% 657 24.3%
合計 約76,000人 59,965 78.9% 54,525 71.7%

※他自治体での接種及び職域接種含む 

新型コロナワクチン接種の予約について【7月28日更新】

ご注意ください

新型コロナウイルスワクチンの接種は事前予約が必要です。接種券が届いても予約を行っていない方はワクチンの接種はできません。

ワクチン接種の事前予約は「インターネットでの予約」と「中津市ワクチン接種コールセンター(097-533-5670)への電話予約」の2つの方法があります(かかりつけ医での接種を除く)。

インターネット予約について、詳しくは「新型コロナウイルスワクチン接種のインターネット予約フォーム」をご覧ください。
ただし、スマートフォンアプリ「LINE」からの予約は行っていませんので、ご注意ください。

「1日でも早く、1人でも多くの方々に、安全にワクチンを接種するために」

新型コロナワクチンに余剰が出た場合の有効活用について

ファイザー社製の新型コロナワクチンは、充填後6時間以内に使い切れない場合は、廃棄処分となります。
中津市では、貴重なワクチンを有効活用するため、急なキャンセル等でワクチンに余剰が出た場合の対応を以下のとおりとします。

  1. 医療機関が、接種券を持ってすぐに来院できる方を探して接種します。見つからない場合は、接種券がなくても、すぐに来院できる方を探して接種します。
  2. 上記1で、どうしても見つからない場合は、予防接種業務に従事するもの、高齢者・障害者サービス従事者、警察署職員、保育士等に接種を行います。

予約のキャンセルを忘れずにお願いします

予約した日時に会場へ行くことができなくなった場合は、可能な限り早めにキャンセルの手続きをお願いします。
ワクチンの効率的な利用のために、ご協力をよろしくお願いします。

接種日時や会場についての取り決め

  1. 中津市では、2回目の接種は、1回目の予約の3週間後、「同じ会場(医療施設)、同じ時間」になります。その両方の日時で来場可能な事をご確認した上で、予約の電話をしてください。また、原則として2回目の予約の変更はできません。
  2. 駐車場や受付が混雑することがありますので、ご案内の受付時間に会場へお越しください。
  3. ワクチンを接種した後は30分間の健康観察が必要となります。そのため受付をしてから帰るまで60分程度(会場の状況によって前後します)かかることを踏まえて日程調整をお願いいたします。
  4. 会場に来るのが早すぎる場合は、感染対策のために入場を制限させていただく事があります。その際は、時間を改めてご来場ください。
  5. ワクチンを接種する時の会場内への付き添いは、原則お一人に限らせていただいております。それ以上の付き添いが必要な場合は受付までご相談ください。

集団接種会場(ダイハツ九州アリーナ)へ車で来場される方へ

車でお越しの場合、安全確保のために原則として左折での入場のみとしています。入場時は駐車場担当者の指示に従ってください。

交通案内図

ワクチン接種の予約申し込み

接種券がお手元に届いたら

現在、何らかの病気にかかって、治療(投薬など)を受けている方は、まずはその病気を診てもらっている医師に新型コロナの予防接種を受けてよいかをご相談ください。(具体的な「病名」は、予診票の中程に記載があります)
かかりつけ医にご相談の上、ワクチン接種を受ける事になった方は予約をしてください。

※接種券が届いても予約を行っていない方はワクチンの接種はできません。

かかりつけ医での予約 (個別接種)

かかりつけ医で接種する場合は、原則として予約が必要です
※かかりつけ医であっても新型コロナワクチンの接種を行えないこともあるのでご注意ください。

接種券がお手元に届いたら、『新型コロナワクチン接種可能な医療機関一覧(注1)から希望する医療機関をご確認のうえ、予約を行ってください。
(注1)医療従事者や高齢者施設の入居者への接種を行っている医療機関やかかりつけ患者のみ接種を行う医療機関については、一部掲載していない場合があります。

コールセンターでの予約(集団接種など)

中津市ワクチン接種コールセンター

電話番号:097-533-5670
受付時間:9時00分~18時00分(土日・祝日も実施)
※ワクチンの接種状況により開設日を変更する場合があります。

予約申し込み時に手元に準備していただくもの

  1. 封筒で届いた「接種券」
  2. 予約日候補(最低2つ)
  3. 「筆記用具」

オペレーターが次の順番で伺います

  1. 接種券の「氏名」の上に記載されている「券番号」をお答えください。
  2. 個別接種(医療機関)か、集団接種(ダイハツ九州アリーナ)かをお知らせください。
  3. 本人確認のため「氏名」と「生年月日」お答えください。
  4. 「接種希望日時」を告げてください。空いてなければ他の日での申し込みをお願いします。

★注意事項を聴いたら予約は完了です。

【注意事項】

  • 接種日当日は、受付から接種までに30分、接種後の健康観察に30分の計1時間程度かかります。
  • 接種日当日は、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類が必要です。また、予め記入した予診票や持っているおくすり手帳も合わせてお持ちください。忘れた場合は、予約日に接種することが出来ない可能性がありますので、忘れないように持参してください。
  • かかりつけの医療機関があり、集団接種会場での接種を希望される場合は、必ずかかりつけ医と接種日までに相談をお願いします。
  • 当日の服装についてですが、ワクチン接種は肩に注射するため、当日はタンクトップや半袖など肩を1分以内で出せる服装でお越しください。寒いと思われる場合は、カーディガンを羽織るなど対策をお願いします。接種会場には更衣ができるブースが準備できない可能性があります。
  • 梅雨時期や台風の時期など災害が発生した場合は、接種を中止する場合がありますので、ご了承ください。
接種券見本
接種券見本

 

接種券到着から予約までの流れ

集団接種の日程

集団接種の日程(予約受付分)※8月23日時点
日付 会場の受付開始時間 接種開始時間 接種人数 第2回目の接種日
(注2)
9月18日(土) 13時30分~ 14時~ 310人(受付終了) 10月9日(土)
9月19日(日) 8時30分~ 9時~ 600人(受付終了) 10月10日(日)
13時30分~ 14時~ 600人(受付終了)
9月22日(水) 13時30分~ 14時~ 600人(受付終了)

10月13日(水)

9月23日(祝) 13時30分~ 14時~ 350人(受付終了) 10月14日(木)
9月26日(日) 8時30分~ 9時~ 600人(受付終了) 10月17日(日)
13時30分~ 14時~ 600人(受付終了)
9月29日(水) 13時30分~ 14時~ 600人(受付終了) 10月20日(水)
9月30日(木) 13時30分~ 14時~ 405人(受付終了) 10月21日(木)
10月2日(土) 13時30分~ 14時~ 298人(受付終了) 10月23日(土)

(注2)第2回目の接種日について

  1. 中津市では、2回目の接種は、1回目の予約の3週間後、「同じ会場(医療施設)、同じ時間」になります。また、原則として2回目の予約の変更はできません。
  2. 1回目の接種する日時が決まると、その3週間後の同じ時間に2回目の接種をする事になります。その両方の日時で来場可能な事をご確認した上でご予約をお願いします。

接種会場に持ってくるもの

  1. 接種券
  2. 予診票の入った封筒一式
  3. 集団接種日時のお知らせの入った封筒一式(集団接種のみ)
  4. 本人確認書類
  5. おくすり手帳
  6. 飲み物(熱中症予防のため)

※円滑な接種のため、「予診票」にあらかじめ必要事項をご記入いただき接種会場にお持ちください。
「予診票」がお手元にない場合は、下記の様式を印刷の上、ご利用ください。
プリンターをお持ちでない方や、当日に予診票をお忘れになった方は、接種会場に準備している予診票をご利用ください。

予診票

接種対象者・接種優先順位

ワクチンの接種は、16歳以上の市民が対象となります。

ワクチンは当面の間、確保できるワクチンの量に限りがあるため、国が示す優先順位に基づき、ワクチン接種を進めていく予定です。

接種対象者の優先順位と時期の一覧
優先順位 接種対象者 接種開始(予定)時期 接種券発送時期
1 高齢者施設の入所・入居者及び施設従事者 4月19日~ 4月12日~
2 75歳以上の高齢者(昭和22年4月1日以前に生まれた方) 5月1日~ 4月12日~
3 65歳以上74歳以下の高齢者(昭和22年4月2日から昭和32年4月1日までに生まれた方) 5月23日~ 5月6日~
4 60歳以上64歳以下の方(昭和32年4月2日から昭和37年4月1日までに生まれた方) 7月2日~ 6月25日~
高齢者以外で基礎疾患のある方 7月2日~ 7月2日~
5 55歳以上59歳以下の方(昭和37年4月2日から昭和42年4月1日までに生まれた方) 7月28日~ 7月21日~
6 16歳以上54歳以下の方(昭和42年4月2日から平成18年4月1日までに生まれた方) 8月上旬~ 7月28日~
7 12歳以上15歳以下の方(平成18年4月2日から平成22年までに生まれた方) 9月中旬~ 9月1日~

※妊婦の方や15歳以下の子どもの接種に対する国の考え方は「新型コロナワクチンについてのQA(厚生労働省ホームページ)」をご覧ください。

接種費用等

全額国費で接種を行い、自己負担は発生しません。

新型コロナワクチン接種などを語った詐欺にご注意ください!

近頃、新型コロナワクチン接種には費用が必要だとして、金銭を要求する詐欺が報告されています。ほかにも、ワクチン接種を優先させるからなどと費用を要求したり、ワクチン接種の予約をするためには予約金が必要などと金銭を要求するケースも報告されています。
行政機関が、新型コロナウイルスワクチン接種に対して、金銭を要求することはありません。万が一、訪問や電話等で金銭を要求された場合は、絶対に要求に従わないでください。

新型コロナワクチンに関する問い合わせ

中津市ワクチン接種コールセンター

電話番号:097-533-5670
受付時間:9時00分~18時00分(土日・祝日も実施)
※ワクチンの接種状況により開設日を変更する場合があります。

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)
開設時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

大分県新型コロナワクチン副反応等専門相談窓口

電話番号:097-506-2850
開設時間:24時間対応(土日・祝日も実施)

※医学的知見が必要となる専門的な相談など

中津市福祉支援課障害福祉係(聴覚、音声・言語に障がいがあり電話が困難な方の問い合わせ先)

市役所窓口:8時30分~17時15分(平日)
FAX番号:0979-25-2335

ワクチン接種に関する同意

ワクチン接種は強制ではありません。新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種は、しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行うことになります。
予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

  • 現在、何かの病気で治療中の方や体調など接種に不安がある方は、かかりつけ医等とご相談の上、接種をご検討ください。
  • かかりつけがなく、ワクチン接種のご相談があるときは事前に中津市新型コロナ電話相談窓口(電話0979-22-5551)に連絡をし、ご相談の上、接種をご検討ください。

ワクチンの効果と副反応のリスク

 国や中津市ではワクチン接種に関する情報提供を随時していきます。感染症予防の効果と副反応のリスク等をご理解いただいたうえで、接種を受けてください。

新型コロナワクチンの効果について

  • ワクチンを接種することにより、新型コロナウイルス感染症の重症化や、発熱やせきなどの症状が出ること(発症)を予防するだけでなく、社会全体で流行することを防ぐことが期待されます。
  • 日本で最初に薬事承認されたファイザー社のワクチンの臨床試験の結果では、95%の発症予防の効果があったとされています。

新型コロナワクチンの副反応について

一般的にワクチンを接種すると、ワクチンが免疫をつけるための反応が起こるため、接種した部位の腫れや痛み、発熱、頭痛などの「副反応」が生じる可能性があります。治療を要したり、障害が残るほどの副反応は、極めて稀ではあるものの、ゼロではありません。

今回新たに承認されたワクチンの国内治験では、ワクチンを2回接種した後に接種部位の痛みは約80%の方に、37.5度以上の発熱が約33%の方に、疲労・倦怠感が約60%の方に認められています。症状については、数日の間に収まることがほとんどですが、接種後に気になる症状がみられる場合には、接種医あるいはかかりつけ医にご相談ください。

ワクチンの有効性、安全性については「新型コロナワクチンの有効性・安全性について(厚生労働省ホームページ)」をご覧ください。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています。救済制度では、予防接種によって健康被害が生じて、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。なお、現在の救済制度の内容については、「予防接種健康被害救済制度(厚生労働省ホームページ)」をご覧ください。

関連するその他の情報

 新型コロナワクチンの有効性・安全性などの詳しい情報については、首相官邸ホームページまたは厚生労働省ホームページをご覧ください。

お問い合わせ

地域医療対策課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1170
FAX:0979-24-2342

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

このページについてお聞かせください