東九州龍谷高校SDGs実行委員会の皆さんが作った「エコレシピ」を公開!

公開日 2021年09月27日

更新日 2022年03月29日

 食べ残しや手付かずの食品など、食べられるのに捨てられてしまう食べ物を「食品ロス」といいます。日本では年間1人あたりで約50キログラムの食品ロスが発生していて、これは年間1人あたりの米の消費量に相当します。
 この食品ロスは、「買い物で使い切れる分だけを買う」、「食材の整理整頓を心がける」、「無駄なく調理して、食べきる」「外食先では食べきれる量を注文する」など、一人一人のちょっとした心がけで減らすことができます。

 今回、東九州龍谷高等学校SDGs実行委員会の皆さんが、食物科の皆さんの協力で作成した「エコレシピ」を紹介します。普段は捨ててしまう魚の骨や野菜の茎・皮などを使った、食材を丸ごと食べきるためのレシピが掲載されています。美味しく食べて食品ロスをなくしましょう!

エコレシピ表紙
エコレシピ表紙
エコレシピを編集する実行委員の皆さん【機種依存文字】
エコレシピを編集する実行委員の皆さん(1)
エコレシピを編集する実行委員の皆さん【機種依存文字】
エコレシピを編集する実行委員の皆さん(2)
エコレシピを編集する実行委員の皆さん【機種依存文字】
エコレシピを編集する実行委員の皆さん(3)

お問い合わせ

環境政策課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-62-9071
FAX:0979-24-7522

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

このページについてお聞かせください