下郷小学校が「朝の読書大賞」を受賞しました!

公開日 2021年10月29日

更新日 2021年11月01日

 読書推進に貢献し、素晴らしい成果をあげた学校に贈られる高橋松之助記念「朝の読書大賞」に、このたび下郷小学校が選ばれました。大賞に選ばれたのは、全国で3校だけで、大分県内の小学校で初の受賞となりました。

 下郷小学校では、全校生徒が毎朝10分間、教室で読書をする「朝の読書」を実施しています。昼休みには、上級生が下級生に読み聞かせをしており子ども達自身も積極的に取り組んでいます。家庭でも「家読の日」を作り、家族と一緒に本を読む時間を作っているそうです。また、地域の方々による週に1回の読み聞かせもおこなっており、校内だけでなく、家庭、地域と連携してさまざまな読書活動を行っていることが今回の受賞の理由となりました。

 若杉校長は、「今回の受賞を機に、ますます本に興味をもってもらいたい。今後も活動を続けていきたい。」と話していました。

 

朝読書の様子
上級生が下級生に読み聞かせ
地域の方による読み聞かせ
「読書大賞」受賞!

お問い合わせ

耶馬溪地域振興課
住所:〒871-0405 大分県中津市耶馬溪町大字柿坂138番地1
TEL:0979-54-3111
FAX:0979-54-2646

このページについてお聞かせください