天ぷら油(廃油凝固剤)火災に注意しましょう

公開日 2022年08月15日

更新日 2022年08月17日

今年の4月、大規模な火災が起きた福岡県北九州市の旦過市場で、8月10日、再び火災が起きました。

今回の火災を受けて次のような火災に注意しましょう。

天ぷら油火災の原因について

天ぷら油火災の多くは、天ぷらを揚げているときに電話がかかってきたり、来客の対応をするため、台所を離れていたときなど、ちょっとした油断が原因で発生しています。

天ぷら油火災防止の3原則

  1. コンロに火をつけたまま、その場を離れない。
  2. 過熱防止装置が付いたコンロを使用する。
  3. 来客などでその場を離れるときは、「コンロの火を必ず消す」習慣を身につける。

※あなたの心がけ一つが最も効果的な予防方法なのです。

天ぷら油の廃油凝固剤の使用にご注意ください

「天ぷら油の廃油を処理するために鍋に凝固剤を入れたまま過熱し、その場を離れていたところ発火した」という事故が起こっています。

廃油凝固剤の使用について

固めるタイプ

  1. 凝固剤を入れるときは必ず火を消してから使用しましょう。
  2. 油は過熱しすぎないようにしましょう
  3. 固まった油は、50℃以上で溶け出すことがあるので、夏の屋外や火気の近くでは注意しましょう。

吸収するタイプ

  1. 必ず冷めた油に使用しましょう
  2. 高温の油に使用した場合は、ごみ袋の中で自然発火することがあるので注意しましょう。

このような原因で貴重な財産や尊い人命を失わないように早急に住宅用火災警報器を設置しましょう。

お問い合わせ

消防課
住所:〒871-0027 大分県中津市大字上宮永364
TEL:0979-22-9831
FAX:0979-22-4805

このページについてお聞かせください