耶馬渓橋が国の重要文化財に指定されました。

公開日 2022年11月03日

更新日 2022年11月21日

令和4年9月20日付けで、耶馬渓橋(中津市本耶馬渓町曽木・樋田)が国の重要文化財に指定されました。
耶馬渓橋は、山国川に架かる現存する国内最長の石造アーチ橋で、競秀峰(青の洞門)を川の対岸から展望するために作られた観光道路の一部として、大正12年(1923)に架橋されました。
現在も中津市道の一部として利用されており、オランダ橋という愛称で呼ばれています。
これで市内に所在する国の重要文化財は、5件となりました。

耶馬渓橋全景
耶馬渓橋
指定書
指定書

お問い合わせ

歴史博物館
住所:〒871-0057 大分県中津市1290番地(三ノ丁)
TEL:0979-23-8615

このページについてお聞かせください