中津市生涯学習大学 第6回「中津学」が開催されました

公開日 2022年11月17日

更新日 2022年12月01日

 令和4年11月16日(水)、第6回「中津学」がリル・ドリームで開催されました。

 今回は、大分県立歴史博物館企画普及課長の村上博秋さんによる、「正保豊前国絵図(しょうほぶぜんくにえず)をひもとく」と題した講演で、一昨年中津市の個人宅から発見された江戸時代の「国絵図」の調査研究の成果を話していただきました。

 国絵図とは、江戸幕府の命によって全国各地で作成された地図のようなものです。特に1600年中期の正保・慶安年間の国絵図は大変貴重で、その時代の『豊前国絵図』(約3メートル×3メートル)の写しが残存していることは歴史的価値が非常に高いということです。
 一枚の絵図から、その時代の国・郡・村の位置や領地の区分、交通、石高など、あまり知られていなかった下毛郡・宇佐郡の近世の情報を読み取ることができるという絵図を示しながらわかりやすく説明していただきました。この国絵図が発見され、最後に展示、公開できたことは、博物館の使命が果たせたという言葉に受講生は感心していました。
 『正保豊前国絵図』をご覧になりたい方は、「大分県立歴史博物館 豊前国絵図」で検索してみてください。大分県立歴史博物館のホームページの中で見ることができます。

 「中津学」は、4,8,1,3月を除く毎月第3水曜13時30分からリル・ドリームで開催します。受講料は100円です。内容は、開催月の市報「なかつ」1日号に記載します。どなたでも受講できますので、ぜひお越しください。

◇第7回「中津学」のお知らせ
 令和4年12月21日(水)13時30分~ リル・ドリーム
 演題:「岩石の王国 ~耶馬渓はなぜ国名勝となったのか~」
 講師:中津市歴史博物館研究員 三谷 絋平 氏

お問い合わせ

社会教育課・生涯学習推進室
住所:〒871-0058 大分県中津市豊田町9番地10
TEL:0979-22-4942
FAX:0979-22-1492

このページについてお聞かせください