中津市移住・定住支援事業に基づく移住支援金、居住支援金の開始について

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2020年01月08日 15時31分

令和2年1月1日より、中津市移住・定住支援事業に基づく移住支援金・居住支援金の受付を開始いたします。
これは大分県移住支援事業(移住支援金)、大分県移住者居住支援事業に基づく制度です。

1.交付対象者

以下の(1)を満たす方のうち、(2)または(3)を満たす方が対象となります。
(1) 移住※等に関する要件
      以下の条件にすべて該当する方。
○令和元年8月1日以降に中津市に移住したこと。
○移住支援金の申請時において、移住後3月以上1年以内であること。
○市に移住支援金の申請日から5年以上、継続して居住する意思を有していること。
○暴力団等の反社会的勢力又は反社会的勢力と関係を有する者でないこと。
○日本人である、又は外国人であって、永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者、
 特別永住者のいずれかの在留資格を有すること。
○補助対象事業のうち、いずれかの事業の当該年度における実績報告を行っていること。
○本事業以外に、大分県への移住に係る引越費用の補助金又は奨励金の交付を受けていないこと。
○その他大分県又は市が移住支援金の対象として不適当と認めた者でないこと。
※ 移住とは、県外から中津市に転入することをいいます。

(2) 就職に関する要件
 以下の条件にすべて該当する方。
○就業先が、大分県が移住支援金の対象としてマッチングサイトに求人を掲載している法人である
 こと。
○就業者にとって3親等以内の親族が代表者、取締役等の経営を担う職務を務めている法人への
 就業でないこと。
○週20時間以上の無期雇用契約に基づいて就業し、申請時において連続して3月以上在職して
 いること。
○上記求人がマッチングサイトに移住支援金の対象として掲載された日以降に、応募したもので
 あること。
○当該法人に、移住支援金の申請日から5年以上、継続して勤務する意思を有していること。
○転勤、出向、出張、研修等による勤務地の変更ではなく、新規の雇用であること。
※マッチング求人はこちらをご覧ください。

(3) 起業に関する要件
 1年以内に大分県が県実施要領に従い実施する起業支援事業に係る起業補助金の交付決定を受けていること。
※今年度分は終了しました。

2.移住支援金・居住支援金の支給額

以下の(1)または(2)のいずれか小さい額を交付します。

(1)大分県移住者居住支援事業の補助対象となる中津市移住・定住支援事業補助金(改修・仲介手数料・家財等処分)による補助予定合計額の2倍以内の額

(2)大分県移住者居住支援事業の補助対象となる中津市移住・定住支援事業補助金(改修・仲介手数料・家財等処分)による補助予定合計額に、2人以上の移住の場合は50万円、1人での移住の場合は30万円を加えた額以内の額

お問い合わせ

企画観光部 地域振興・広聴課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください