週末は太宰府市特設ブースへ!

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2015年07月22日 16時47分

中津祇園開催中の今週末、新博多町交流センターにおいて、友好都市太宰府市を紹介する特設ブースを設けます!
“古代日本の「西の都」~東アジアの交流拠点~”として日本遺産に登録されました古都太宰府のパネル展示のほか、天神さまゆかりの鶯鳥を彫り上げた太宰府の伝統工芸「木うそ」の絵付け体験(有料)や物販などを行い、「太宰府」の魅力をお伝えします。

日 時:7月25日(土)午前10時~午後8時(絵付け体験:午後2時~午後6時頃)
      26日(日)午前10時~午後5時(絵付け体験はございません。)
場 所:新博多町交流センター1階(中津市京町1524)
内 容:太宰府市パネル展、木うそ絵付け体験(参加費500円)、物販
物販品:太宰府の木うそ(2号)、木うそキーホルダー、太宰府人物志ほか

【木うそとは】
「うそ」は、幸運を招くといわれる鳥でスズメ目の小鳥です。
太宰府天満宮造営の際、蜂の大群が押し寄せましたが、鷽の群れが飛来して退治して以来、天神様の使いとして知れ渡るようになりました。
「木うそ」とは、うそ鳥が木にとまった形を木彫りにしたもので、羽を薄く巻上げて表現しています。
太宰府市の市民遺産第1号として認定されており、「木うそ」の原木の一部には、中津市耶馬溪地区から切り出されたコシアブラの木が使用されています。
 

木うそ
木うそ
木うそ絵付け
木うそ絵付けの様子

関連ワード

お問い合わせ

企画観光部 総合政策課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください