建築基準法に基づく制限について

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2018年06月14日 13時23分

建築基準法に基づく制限について

 都市計画区域内では、建築物を計画するときは、用途地域の制限だけではなく、建蔽率、容積率制限をはじめとして、斜線制限、絶対高さの制限、外壁の後退距離、日影制限などの形態に関する制限を受けることがあります。

用途地域別の各種制限

 都市計画区域内に建物を計画する際は、都市計画上の用途地域の種類に応じて制限が定められています。建築指導課では、窓口でのお問い合わせのほかに、用途地域ごとに各種制限を用途地域ごとに表にまとめました。

用途地域別一覧表

用途地域別一覧表
※中津市では、第2種低層、第2種住居、工業専用地域は定めていません。

 【一覧表】用途地域別一覧表(平成31年3月29日改正)[PDF:84KB]

都市計画区域の用途地域

都市計画区域内の用途地域と、建蔽率、容積率は総合政策課の「中津市地形図及び中津都市計画総括図」のページより確認できます。(平成30年2月)
【中津都市計画総括図】

http://www.city-nakatsu.jp/doc/2015070200036/

お問い合わせ

建設部 建築指導課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください