雲僲窟内庵を改修しました

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2018年05月02日 08時57分

 雲僲窟は名勝耶馬渓【古羅漢の景】に所在する岩窟で、大正・昭和の日本画家、嘯月庵雲僲が結んだ草庵があります。
 草庵が老朽化により崩れ落ち、古羅漢探勝道を通行する観光客に被害が及ぶ可能性があったため平成29年度日本遺産の事業として改修しました。傷みが激しい建物前方部を解体し、後方部の柱を建て直し補強、屋根・床・土壁を補修しました。
 草庵からは雲僲氏の目線になって耶馬渓の眺望をご覧いただけます。古羅漢探勝の際は休憩所としてご利用ください。
 また改修を記念して耶馬渓風物館で雲僲の作品を展示します。古羅漢探勝と合わせてご来館ください。

耶馬渓風物館
住所 中津市本耶馬渓町曽木2193-1(道の駅耶馬トピア内)
開館時間 9:00~17:00
休館日 毎週木曜日*5月3日は開館します。
入館料 高校生以上100円
改修前
改修前
改修後
改修後
作品展示
作品展示

地図

古羅漢

お問い合わせ

教育委員会 文化財室
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください