若簱神社春祭り(植野神楽)

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2018年05月02日 14時17分

 平成30年(2018年)4月29日(日曜日)、植野地区にある若簱(わかはた)神社で春祭りが開催されました。
心地よい春風が吹く中、地元の小学生たちの樽みこしが神社を出発し、地区内を元気に練り歩きました。
 舞殿では、国の重要無形民俗文化財に指定されている植野神楽が奉納され、地区の方々によるおもてなしもあり、多くの参拝者で賑わいました。
 
 

 
神楽の舞
神楽の舞
 
子ども神輿
子ども神輿
子ども神輿
子ども神輿
 
神楽の舞
神楽の舞
神楽の舞
神楽の舞
 

【植野神楽】
国指定豊前岩⼾神楽の本流で、伊勢神楽を源流とし、神社の祀官であった植野⼟佐守藤原外記が⺠衆化したものと⾔われています。
神楽番組は湯⽴・神坂・年回それぞれ33番あるが重複するものもあります。47種類の舞い⽅があり、岩⼾神楽18番などを舞います。
毎年4⽉29⽇に⾏われ、国指定重要無形⺠俗⽂化財に指定されています。

 
【国指定重要無形民俗文化財】
衣食住、生業、信仰、年中行事などに関する風俗慣習、民俗芸能、民俗技術など、人々が日常生活の中で生み出し継承してきた無形の民俗文化財のうち、特に重要なものとして国が指定するもので合計309件(H30.3.8現在)が指定されています。
 

 

お問い合わせ

企画観光部 地域振興・広聴課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください