絶滅危惧種「ベッコウトンボ」観察会が行われました。

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2018年05月11日 16時32分

 平成30年5月3・6・10日にベッコウトンボ観察会が野依新池と植野池で行われました。
ベッコウトンボは現在、日本で生息が確認されているのは大分県、鹿児島県、福岡県、山口県、静岡県の11ヶ所のみです。このため環境省、大分県とも絶滅危惧の最高ランクの絶滅危惧ⅠA類(近い将来、絶滅する可能性が非常に高い)に指定されていて、さらに環境省の「種の保存法」という法律により捕獲・採集(罰金500万円)が禁止されている非常に貴重なトンボです。
 

ベッコウトンボ
未成熟のオストンボ
ベッコウトンボ
成熟したオストンボ

 “すばらしいふるさとの自然を守ろう!”と地域の人たちでつくる「野依ベッコウトンボを守る会」や自然保護団体、学生、ボランティアなどが力を合わせて、ベッコウトンボのすみやすい環境づくりに取り組んでいます。


 

 5月3日の観察会の様子(主催:NPO法人 水辺に遊ぶ会)

説明風景
 
トンボを探す人達
 
トンボを探す人達
 
トンボを探す人達
 

5月6日の観察会の様子(主催:植野地区木ノ下グループ)

説明風景
 
トンボを探す人達
 

5月10日の観察会の様子(主催:いきいき今津まちづくり協議会 協育部会)
 

集合写真
 
ベッコウトンボを探す児童
 
べっこぅトンボを追う児童
 
説明を聞く児童
 

ベッコウトンボは環境の変化により一時期は100匹前後にまで数が減っていましたが、地道な活動が実を結び、日本国内において希少な生息地となっています。中津市民の方々は、野依新池の存在を誇りに思うべきではないでしょうか


【野依新池】
 貴重な動植物が多いことなどから、「重要湿地500(環境省)」と「ため池百選(農林水産省)」に選ばれています。※県内では唯一です。
 

お問い合わせ

企画観光部 地域振興・広聴課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください