「雲與橋」の橋名板取付式が行われました

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2018年05月30日 09時53分

 平成30年5月29日火曜日午前10時30分から耶馬溪町下郷の山国川に架かる雲與橋で下郷小学校児童の参加により橋名板の取付式が行われました。この橋は平成24年九州北部豪雨で被災し、平成27年度から大分県による床上対策事業で架け替え工事を行っています。 
 昨年度、下郷小学校の児童へ橋名板の揮毫を依頼し、6年生の児童が橋名板を橋に取り付けました。 
 また、井手上耶馬溪支所長より「これで橋に命が吹き込まれました」と挨拶をし、大分県中津土木事務所職員による防災教育をしていただきました。
 その後、児童全員で橋面に自分の名前等を書き込み、記念撮影をして式を閉じました。

 
揮毫してくれた児童が橋名板を持っている様子
揮毫してくれた児童
防災教育の様子
防災教育
橋名板を取り付ける様子
橋名板を取り付けました
 
橋面に自分の名前を書く児童たち
橋面に自分の名前を書きました
記念撮影
記念撮影
 

お問い合わせ

耶馬溪支所 耶馬溪農林建設課
住所:〒871-0405 大分県中津市耶馬溪町大字柿坂138番地1
TEL:0979-54-3111
FAX:0979-54-2646
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください