三郷小学校で防災教室が行われました

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2018年06月22日 15時51分

 平成30年6月21日木曜日、三郷小学校で大分県中津土木事務所職員による防災教室が行われました。児童は自然災害の種類や最近の異常な雨の降り方について説明を受け、身近に起きた災害の映像を見ました。児童は迫力ある映像に自然災害の恐ろしさを感じていました。次に自然災害の被害を減らすために土木事務所が行っている対策について模型を使って説明がありました。最後に波多野主幹が「全ての危険箇所に対策がとられているわけではありません。まずは何よりも自分の事は自分で守る「自助」が大切です。避難して何もなければラッキー、逃げなければ良かったではありません。」と日頃の備えと早めの避難の重要性を訴えました。

 
960A5958土砂崩れ
がけ崩れについて学ぶ児童
 
960A5907最近の雨の降り方は異常です
「最近の雨は異常な降り方をしています。」
960A5918積極的に手をあげる児童
「どう変わったか分かるかな?」
積極的に手を上げる児童
 
960A5921変わったところは・・・
「川の幅を広げ、周りを固めています」
「正解!!」
960A5928身近でおきた水害
平成24年におきた町内の洪水被害
 
960A5962せき止められました
「砂防ダムは土石流をせき止めます。」
960A5969土石流がきたー
「ダムがないと、皆さんが住む町へ流れ込んでしまいます。」
 
960A6000可動堰
河川の洪水を防ぐための可動堰の役目を学びます
960A6041お礼を述べました
長尾児童会長よりお礼の言葉
「自助の大切さを学びました。
ありがとうございました。」
 

お問い合わせ

山国支所 山国地域振興課
住所:〒871-0795 大分県中津市山国町守実130番地
TEL:0979-62-3111
FAX:0979-62-2590
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください