豊陽中学校生徒が「福島県中学生リーダーズサミット」に参加したことを市長に報告しました

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2018年09月05日 09時39分

 東日本大震災を契機として、福島や日本の将来を思い、行動できるグローバルリーダーを育成することを目的として2012年から毎年開催されている「福島県中学生リーダーズサミット」に、市が推進している「ほめあうまち なかつ(HOME-MACHI)」の取り組みがきっかけとなり、豊陽中学校生徒が招待されました。
 参加したのは、3年生の栗林涼介さんと筧 杏奈さん、担任の山本哲也先生で、9月4日火曜日にその報告のために奥塚市長を表敬訪問しました。
 山香校長と山本先生から、参加した経緯と8月9日から11日までの活動の報告があり、生徒から「あまり知らない福島のことや、よく考えたことがない震災のことを真剣に熟議する福島県の中学生の姿に感動しました。」「中学生でも社会を変えられる力があることがわかりました。」などの感想が述べられました。
 奥塚市長から「大変だったと思いますが、それにチャレンジしたことに、まず拍手を送りたい。お二人の行動は、若い人たちが積極的に参加したよりよい社会づくりの参考になります。この貴重な経験を同世代の仲間にぜひ伝えていって欲しいです。」と激励の言葉が送られました。

 
市長報告
奥塚市長に活動報告する筧杏奈さん、栗林涼介さん
記念写真
左より山本哲也先生、筧杏奈さん、奥塚市長
栗林涼介さん、山香昭校長
 

お問い合わせ

教育委員会 社会教育課・生涯学習推進室
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-4942
FAX:0979-22-1492
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください