「耶馬溪」誕生!200年記念祭・賴山陽フォーラムが開催されました。

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2018年11月12日 14時47分

 平成30年11月3日土曜日文化の日、耶馬溪公民館文化ホールにおいて「賴山陽フォーラム」が開催されました。このフォーラムは、「耶馬溪」の名付け親であり、歴史家・漢学者・文人として活躍された賴山陽先生が、耶馬溪を訪れて今年が200年という節目の年となることを記念して「耶馬溪」誕生200年記念祭実行委員会により開催されました。
 開会行事に続き、賴家六代当主の賴政忠氏による「賴山陽を語る」、久留米大学教授の吉田洋一氏による「賴山陽と九州の儒学者たち」と題した講演が行われました。その後、広島県在住の作家で、頼山陽ネットワーク事務局も務める見延典子氏をコーディネータに迎えパネルディスカッションが行われ、活発な意見が交わされました。
 会場には耶馬溪町内外から約300人の来場があり、準備していた椅子が足りなくなる程の賑わいでした。このフォーラムの他に、耶馬溪誕生200年記念祭では「日田往還中津街道 ”賴山陽命名の耶馬溪 ”バスと徒歩ツアー」が10月21日と11月11日に開催され、こちらにもたくさんの方が参加しました。
 

パネルディスカッションの様子
活発な意見が交わされたパネルディスカッション
詩吟「耶馬溪」を披露
詩吟「耶馬溪」を披露
書道「賴山陽賞」表彰式
書道「賴山陽賞」の表彰式

 

宮瀬実行委員会長あいさつ
宮瀬実行委員会長のあいさつ
中津市長あいさつ
奥塚中津市長のあいさつ

 

中津市議会議長あいさつ
藤野中津市議会議長のあいさつ
賴家六代当主 賴政忠氏の講演
賴政忠氏講演「賴山陽を語る」
久留米大学教授 吉田洋一氏講演
吉田洋一氏講演「賴山陽と九州の儒学者達」
会場いっぱいの来場者
会場いっぱいの来場者

 

貴重な資料も展示
貴重な資料を展示
バスツアー
バスツアー歓迎セレモニー

 

バスツアー
賴山陽碑を見学するバスツアーの皆さん
バスツアー
擲筆峯の景の前で説明を聞くバスツアーの皆さん

 

 

お問い合わせ

耶馬溪支所 耶馬溪地域振興課
住所:〒871-0405 大分県中津市耶馬溪町大字柿坂138番地1
TEL:0979-54-3111
FAX:0979-54-2646
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください