中津北高等学校にて選挙出前授業が行われました

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2019年01月21日 10時13分

  平成31年1月18日、県立中津北高等学校にて、「選挙出前授業」が行われました。これは、来年度有権者となる高校2年生を対象に、投票参加の意義や若い世代の投票率の現状などについて理解を深めてもらおうと、学校と県及び市の選挙管理委員会によって企画されました。この日、出前授業に参加したのは中津北高等学校の2年生146人で、選挙講座では若者の投票参加の現状や政治参加の意義について説明を受けました。
 また、模擬投票では、全員に配布された見本の入場券について説明を受けた後、会場内に用意された模擬投票所で、実際に使われている投票用紙や投票箱、投票記載台を使って、本番さながらの投票体験をしました。

選挙講座
選挙講座受講中の様子
投票記載台
記載台の様子
投票箱
投票中
開票
開票作業中

 投票終了後、各クラスの代表者には開票作業にも携わってもらい、候補者の得票数が読み上げられていくと、生徒から歓声があがりました。
 今年、中津市の成人式で行ったアンケート結果からも、まだまだ若者の選挙に対する認識が低いことがわかります。まずは選挙や投票がどういうものなのか、こうした啓発活動を通して知ってもらい、選挙に行く若者が増えることを期待しています。

お問い合わせ

選挙管理委員会事務局
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください