平成31年 全国山火事予防運動が始まりました。

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2019年03月01日 09時44分

<実施期間>平成31年3月1日(金)から3月7日(木)

<耶馬溪分署管内火災発生状況(過去5年間)>
 火災発生件数35件の内、枯れ草焼きが燃え広がり火災発生した件数は20件となっています。全体の割合からすれば約60%となります。「少しだけだから燃やそう」とか「昔から燃やしてるから大丈夫」など、ちょっとした油断から火災発生そして、山火事へと延焼していくのです。火気の取り扱いには十分気をつけましょう。

<山火事出火原因の割合>
1.たき火(30%)
2.火入れ(20%)
3.放火(10%)
4.火の不始末(10%)
5.その他(30%)
 全体の約70%が私たちの行為が要因により山火事は発生していることになります。

<山火事防止のための注意点>
・枯れ草等のある火災が起こりやすい場所では、たき火をしないこと
・喫煙は、指定された場所で行い、吸いがらは必ず消すとともに、投げ捨てないこと
・たき火等火気の使用中はその場を離れず、使用後は完全に消火すること
・各自のゴミは、指定された場所に捨てるか持ち帰ること
・火気を使用する際は、周囲の可燃物に十分注意するとともに消火用の水等を必ず用意すること
・強風時及び乾燥時には、たき火、火入れをしないこと
・児童等による火遊びはさせないこと

<平成31年 山火事予防の統一標語>
「忘れない 豊かな森と 火の怖さ」

山火事予防ポスター[PDF:2MB]

お問い合わせ

消防本部 消防署
住所:〒871-0027 大分県中津市大字上宮永364
TEL:0979-22-0001
FAX:0979-22-0134
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください