平田城跡が県指定史跡に答申されました。

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2019年03月04日 08時52分

耶馬溪町大字平田にある平田城跡が、大分県文化財保護審議委員会において県指定史跡に答申されました。
平田城跡は、山国川中流域にある平山城です。
当初は在地領主・野仲氏の影響下にありましたが、黒田氏入部に伴い重心の栗山善助(利安)に与えられたと考えられています。
城郭は公園として整備されている南台と未整備の北台に分かれます。
南台には高石垣が残り、北台にも石垣や曲輪群が展開しています。
平田城跡は、中世城郭から織豊期城郭に渡る城郭の好例を示し、遺構の保存状態も良いことが​評価されました。
​みなさま是非、平田城跡へお越しください。

南台北側石垣西側築石 (2)
南台北斜面の石垣

お問い合わせ

教育委員会 文化財室
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください