山国川流域で12万尾の鮎の放流が行われました!

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2019年04月10日 10時04分

アユ
山国川に放流された鮎の稚魚

 平成31年4月9日火曜日、山国川漁業協同組合のみなさんが、山国川流域各地にて計12万尾の鮎の放流を行いました。鮎の放流活動には、地域の子どもたちに鮎釣りの楽しさや鮎のおいしさを伝えるため再び山国川を鮎の豊かな川にしたいという組合員のみなさんの願いが込められています。
 放流された鮎は、山国川漁業協同組合の管理する育成施設で小さな稚魚から育てられたもので、大きさは約7~8cmで、鮎釣り解禁の6月ころには約20cmまで成長するとのことです。5月初旬までに、山国川漁業協同組合ではあと3回鮎の放流を予定しています。
 山国川にはさまざまな生き物が生きています。ぜひみなさんも山国川を観察してみてください。

 
山国町地域
バケツでの放流の様子
川に放流されたアユ
山国川を自由に泳ぐ鮎
RIMG0240山国町地域
ホースでの放流
ホースさかのぼり
ホースを遡ろうとする元気な鮎の稚魚
 
中間育成施設
稚魚を育てる中間育成施設
カワウ追払い(ロケット花火)
鮎の放流後は花火で天敵のカワウを追払い
 

お問い合わせ

商工農林水産部 林業水産課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください