警戒レベルを用いた避難情報の発令を開始します

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2019年06月19日 10時21分

 内閣府の避難勧告に関するガイドラインが改正されたことに伴い、水害・土砂災害時における避難情報の発令が、警戒レベルを用いた発令に変わります(詳細は内閣府のページ(新しいウインドウが開きます。)をご覧ください)。

1.開始時期について
 2019年6月から発生する災害より開始

2.確認事項
 内閣府のチラシでは、「警戒レベル4で全員避難」と記載されています。迅速かつ適切な避難行動をとるよう心がけましょう。
 ただし、市の開設した指定避難所へ速やかに全員避難することが、正しい避難行動とは言えない場合もあります。

(正しいとは言えない避難行動の例)
避難行動 市の見解
5階建てのRC構造のマンションの最上階に居住しているが、市から「警戒レベル4避難勧告」が発令されたため、近くの木造1階建ての指定避難所へ速やかに避難した。 自宅マンションから避難をせず、引き続き災害情報を収集することが、より身の安全を守る最適な避難行動だと思われます。
最寄りの避難所は、氾濫の危険性がある河川の向こう岸にある避難所であるが、市から「警戒レベル4避難勧告」を受けて、最寄りの指定避難所へ速やかに避難した。 河川の水位が上昇し、決壊の恐れがある場合があります。無理に最寄りの避難所へ避難せず、より危険性の低い避難所へ避難するよう心がけましょう。
市から「警戒レベル4避難指示(緊急)」が発令されたが、避難行動をとっていなかった。自宅付近はすでに河川が氾濫し道路が冠水しているが、最寄りの指定避難所へ速やかに避難した。 すでに災害が発生している状況において、指定避難所へ避難するのは危険が伴う場合があります。状況によっては、浸水の恐れのない自宅の2階以上、近隣の建物の2階以上に避難するなど、少しでも安全な場所へ避難しましょう。
※自宅が土石流の危険性があるエリアでは、すぐに危険なエリアから離れるか、近くの丈夫な建物の上階に避難しましょう。

3.迅速かつ適切な避難行動をとるために
 水害・土砂災害時における正しい避難行動をとるためには、以下のような点に注意し、迅速かつ適切な避難行動をとるよう心がけましょう。

(適切な避難行動をとるための心得)
平常時 自分の住んでいる地域は、水害・土砂災害時にはどのような被害が想定されるか、指定避難所はどこにあるか等、中津市防災ポータルサイト(新しいウインドウが開きます。)に掲載されている防災マップ等を見て把握したり、市や自治会が主催する防災訓練に参加するなど、日頃から災害に備える意識を持つ
災害時 市から避難情報の発令された際には、自宅付近の状況、避難所へ避難する必要性等、発令時における自分にあった避難行動を行うなど、自分の命は自分で守る意識をもって、迅速かつ適切な避難行動をとるよう心がける。

お問い合わせ

総務部 防災危機管理課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1113
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください