中国山東省からの修学旅行生が中津市クリーンプラザを見学しました

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2019年07月17日 18時25分

 7月17日(水)中国山東省臨沂市の中学校「臨沂六中北校区 日本研学団」の生徒と先生(40名)が修学旅行の研修として中津市クリーンプラザに見学に来ました。
 海外から中津市クリーンプラザへの見学は初めてのことで、お出迎えには中津市のマスコットキャラクターのくろかんくんも駆けつけてくれました。

 生徒の皆さんは、びん・缶・ペットボトルの手選別ラインや焼却施設・埋立地などの施設、また剪定枝木や草類等の資源化処理の様子などを熱心に見学し、日本の「ごみ」「資源」の分別について学んでもらいました。

 山東省臨沂市は人口約1000万人で、ごみと資源は分別せず、すべて燃やしてしまうそうです。職員が、ペットボトルが服になったり、牛乳パックがトイレットペーパーに生まれ変わるなどと説明すると非常に驚いていました。

 見学後は生徒より
  ・化学物質はどうやって無害化するのですか
  ・日本ではごみの分別は何歳くらいから教わるのですか
  ・日本はいつ頃からごみの分別が始まったのですか
  ・どのようにして分別を周知したのですか
  ・埋立処分場がいっぱいになったらどうしますか  
 などと熱心な質問があり、職員からの説明を受け自国とは違うごみの分別に対する姿勢に感心していました
 
  7月22日には、中国から2校の見学が予定されています。 
 

DSCN9437
見学の様子1
DSCN9443
見学の様子2
DSCN9468
見学の様子3

清掃課では、ごみ・リサイクルミニ集会や中津市クリーンプラザの施設見学を随時募集しています。
少人数でも受け付けています。お申し込みをお待ちしています。

 
 

 

お問い合わせ

生活保健部 清掃課
住所:〒871-0007 大分県中津市大字蛎瀬1366番地3
TEL:0979-24-5374
FAX:0979-26−1950
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください