「新中津市学校」で市内高校生と慶應義塾の教授などによるパネルディスカッションを行いました!

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2019年08月03日 20時37分

 

1

 令和元年8月3日土曜日、新中津市学校のオープニングを記念して、パネルディスカッションが行われました。
 まず、パネルディスカッションに先立ち、慶應義塾福澤研究センター副所長 西澤直子 氏により新中津市学校発足によせて中津市学校や中津市学校初代校長の小幡篤次郎に関する解説があった後、慶應義塾常任理事 渡部直樹 氏のご挨拶がありました。渡部常任理事は、福澤諭吉先生の残した「人間交際(じんかんこうさい)」「半学半教(はんがくはんきょう)」などの言葉を引用し、「人と人とが話し合い、自分の考えを確認し見つめ直すことが大切」「知識を得ることではなく、その考え方を得ることが大切」などと話されました。
 パネルディスカッションでは、パネリストに渡部直樹 慶應義塾常任理事、井奥成彦 慶應義塾福澤研究センター所長、粟田英代 中津市教育長、そして高校生パネリストとして、中津南高校 杉田大飛さん、中津北高校 幸下清昇さん、中津東高校 井上楓さん、東九州龍谷高校 谷川祐介さんをお招きしました。
 「今、そして未来に求められる人材」をテーマのもと、高校生のみなさんから自身の将来や社会・未来などに関することを先生方に質問する形でパネルディスカッションが進められました。
 高校生パネリストの杉田さんからは「グローバル規模で働く人材として求められる力とは」など、幸下さんからは「地域社会に貢献したいと考えている。少子高齢化に歯止めをかけるにはどのような政策をしたらよいか」など、井上さんからは「グローバルな視点をもって地域活性化をしていくために高校生に今できることは何か」など、谷川さんからは「今、会社に求められる人材とは何か」など質問が出されました。
 その後、パネリストの先生方から、それぞれの立場やご自身の積まれた経験などに基づいた回答やアドバイスがありました。
 パネリストや会場の高校生と活発な議論が交わされ、大変有意義なものとなりました。
2
渡部 慶應義塾常任理事の挨拶
3
西澤 福澤研究センター副所長のお話
 
4
杉田 大飛さん(中津南高校)
5
幸下 清昇さん(中津北高校)
 
6
井上 楓さん(中津東高校)
7
谷川 祐介さん(東九州龍谷高校)
 
9
粟田教育長
8
井奥 福澤研究センター所長
 
10

   会場の高校生からも質問がありました

11
12
パネリスト集合写真

「新中津市学校」オープニング式典の様子はこちら

お問い合わせ

教育委員会 社会教育課・生涯学習推進室
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-4942
FAX:0979-22-1492
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
教育委員会 文化財室
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください