ラグビーから世界へ!深水小学校でタグラグビー教室が開催されました

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2019年10月09日 17時00分

 令和元年度10月7日、深水小学校(池邉校長 7名)の全校児童が、総合的な学習の一環としてタグラグビーの体験を行いました。
 児童達は講師の大分県ラグビーフットボール協会安部さんからタグラグビーの基本的な動きやルールを教わり、タグラグビーのゲームを通して「one for all,all for one」のラグビーの精神までをも学んでいました。
 また、池邉校長は「今日の体験をきっかけにワールドカップに興味を持ち、そこから国際理解へと繋がっていってほしい」と話し、体験を終えた児童は「とても楽しかったので、ワールドカップも見てみようと思った」と国際理解への第一歩を踏みだしていました。

講師の安部さんからタグラグビーについて教わる児童達
タグラグビーについて教わる児童達
タグラグビー体験の様子
タックルの代わりにタグを取る安全なラグビーです
タグラグビー体験の様子
一対一でトライを目指せ!
タグラグビー体験の様子
笑顔でトライ!
タグラグビー体験の様子
最後尾の人のタグをめがけます
   

お問い合わせ

三光支所 三光地域振興課
住所:〒871-0192 大分県中津市三光原口644番地7
TEL:0979-43-2050
FAX:0979-43-2737
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください