犬丸天満宮御神幸祭(大名行列)

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2013年08月06日 00時00分

 

犬丸天満宮例祭(大名行列)
 
 
【概要】
2px.gif

 菅原道真公を祀る、中津市の犬丸天満宮では、2日間、御神幸祭において300有余年の伝統を誇る大名行列が、両日とも午後6時から7時30分まで行われます。

 この天満宮は、菅原道真公が大宰(だざい)の権師(ごんのそつ)に左遷される途中に、この地におよそ1ヶ月滞在したことに由来し、菅原道真公の孫の菅原文時が建立したものとされています。

 歴代中津藩主の崇敬は厚く、参詣、社殿修復がたびたび行われました。

 大名行列は、塩振、挟箱、毛槍、槍、鉄砲、弓、太鼓(傘鉾)高張、太鼓(傘鉾)、天満宮幣帛、高張、神学、神輿から構成されています。

 
【開催地】
2px.gif
 犬丸天満宮
 
【開催期間】
2px.gif
 10月下旬
 
【関連リンク】
2px.gif

このページについてお聞かせください