羅漢寺

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2014年10月07日 00時00分

羅漢寺
 

概要

荒々しい岩山、羅漢山の中腹に位置する羅漢寺は、大化元年(645)にインドの僧、法道仙人が、この岩山の洞窟で修行したことから開基された寺、日本三大五百羅漢の一つです。

境内には無漏窟(五百羅漢窟)があり、無漏窟には様々な表情をした五百羅漢などが安置されています。本寺は昭和18年に火災で焼失、現在の本堂は昭和44年に再建されました。

羅漢寺の石仏群が平成26年3月18日(火)に開かれた国の文化審議会において、国の重要文化財に指定するよう答申され、同年8月21日(木)に指定されました。

※羅漢寺を参拝するときは、次の3つのルールを厳守してください。
(1)静粛に
(2)撮影禁止(本堂前と山門前における人物の写った記念撮影は可)
(3)喫煙禁止

 
詳細情報
所在地 中津市本耶馬渓町跡田1519番地
営業時間・定休日 9時~17時・年中無休
利用料金 本堂及び庭園のみ拝観料300円
お問合せ先 0979-52-2538
関連リンク
 

地図

羅漢寺

お問い合わせ

本耶馬渓支所 本耶馬渓地域振興課
住所:〒871-0295 大分県中津市本耶馬渓町曽木1800番地
TEL:0979-52-2211
FAX:0979-52-2427
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください