箭山神社神幸祭

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2014年11月20日 00時00分

 

箭山神社神幸祭
 
 
【概要】
2px.gif

 五穀豊穣・家内安全・無病息災を願う祭で、10月の第1日曜日に行われます。各地区の神輿と色鮮やかな傘ぼこが箭山神社遥拝所(三光上田口)を御発ちし、森山のお仮屋(川原)で奉納行事を行い、夕方には遥拝所へと向かいます。

 お仮屋では、神楽や千歳楽が奉納されます。

 「千歳楽(せんさいがく)」は、生命力旺盛な稚児だけで踊る念仏踊りなどの要素を含んだ民俗芸能で、慶長元年(1596)の大干ばつの際、箭山(ややま)神社で雨乞いをし、豊作の恩恵をうけたため、お礼を奉納したのが始まりと伝えられています。小学生までの子ども8人が背中に造花飾り、胸に太鼓をつけてかわいらしく踊り、五穀豊穣と無病息災などを祈願します。

 
【開催地】
2px.gif
 三光箭山(ややま)神社遥拝所から森山地区のお仮屋(川原)
 
【開催期間】
2px.gif
 10月第1日曜日

このページについてお聞かせください