神護寺の釈迦涅槃像

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2015年04月01日 07時00分

 神護寺の涅槃像は初代住職篠原覚瑞師が、昭和41年10月に発願し、霊山である八面山に幾万年も眠る巨石に、釈迦の入滅する姿(頭を北に、顔を西にして足を重ねた姿)を刻み、昭和47年5月28日に完成しました。これを拝む人々に釈迦の遺徳を偲んでもらい、平和公園に祀る日米兵士の霊を慰めるため、さらに世界平和の願いを込めてつくられたものです。仏師は国広石峯・秀峯父子(福岡市)。全長7.88m、高さ1.4mで、自然石に刻まれた涅槃像としては西日本有数の大きさです。神護寺は九州八十八所の第21札所です。
箭山紀行 第7号[PDF:955KB]

 

神護寺の釈迦涅槃像1
神護寺の涅槃像 全長7.88m、高さ1.4m
 
神護寺の釈迦涅槃像4
秋~紅葉~
神護寺の釈迦涅槃像2
参道に石造仏が並び、信仰と平和の聖地となっています
 
神護寺の釈迦涅槃像3
五大力明王
神護寺の釈迦涅槃像5
おせったいの様子
 
 
 
 
 

地図

八面山平和公園

お問い合わせ

三光支所 三光地域振興課
住所:〒871-0192 大分県中津市三光原口644番地7
TEL:0979-43-2050
FAX:0979-43-2737
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください