【情報追加】なかつ水灯り2018 概要

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2018年08月03日 16時26分

なかつ水灯り2018

なかつ水灯り2018チラシ表面

 今回の国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭は、県内全域を5つのエリアに分け、それぞれの市町村がエリアテーマを元に、文化芸術に関するイベントを開催。中津市は、日田市・九重町・玖珠町とともに「水の森」エリアに属しています。山国川をはじめ、豊かな水と森にはぐくまれた文化・芸術に、触れ・体験するイベントを開催します。
 中津市開催事業で中心になるイベント「なかつ水灯り2018」は、中心市街地と耶馬溪地域において展開するアートプロジェクトです。日中は、中心市街地の展示会場を巡りながら、まち歩きと共にアート作品を鑑賞を、そして、夜間は全国的に活躍するアーティスト髙橋匡太氏による「光の演出」をお楽しみいただけます。

なかつ水灯り2018 開催情報
会期 平成30年10月6日(土曜日)~11月25日(日曜日)
会場 中津市内
 

髙橋匡太氏によるライティングプロジェクト

「Moon River」

 中津中心市街地の日ノ出町、新博多町商店街を舞台に展開される、ライティングプロジェクト「Moon River」。約4000個の光るボトルメールが、商店街のアーケードを光の水路に変身させます。
プロジェクトの核となるボトルメールは、市内小学生が「みらいのともだち」に宛てて書いた手紙が入れられています。会期中には、会場を訪れた方どなたでも「みらいのともだち」宛てへの手紙を書くことができ、展示中の手紙一枚と交換ができます。また、谷川俊太郎氏をはじめとした、全国で活躍する詩人も同じテーマでボトルメールを制作。期間中に商店街内に展示されます。ぜひ、ご来場・ご参加ください。

商店街でのライトアップ「Moon River」イメージ図
「Moon River」イメージ図

耶馬溪地域でのライトアップ

 深耶馬溪、一目八景においてライトアップを開催。紅葉の季節でもある平成30年11月10日(土曜日)~18日(日曜日)の期間で、夜間のライトアップを行います。音と光で魅せる、耶馬溪の魅力をお楽しみください。

アーティスト 髙橋匡太氏

高橋匡太プロフィール写真

髙橋匡太 プロフィール
(たかはし きょうた)
1970(昭和45)年生。京都府出身。
1995(平成3年)京都市立芸術大学大学院修了。
 映像と光を巧みに操りライティングプロジェクト、パブリックワークなど幅広く活躍。
 京都・二条城、十和田市現代美術館、東京駅など大規模な建築物のらいてぃんプロジェクトでは、ダイナミックで造形的な映像と光の作品を作り出している。

ひかりの実プロジェクト写真(横浜市)
ひかりの実/髙橋匡太 撮影/村上美都

まちなかアートプロジェクト

 「なかつ水灯り2018」は昼も夜も中津を楽しんでいただけるプロジェクトです。夜はライティングプロジェクトを、そして、昼は、市内4会場で開催される各企画展をまちあるきとともにお楽しみいただけます。

「中山忠彦展~美の追求~」

 中津ゆかりの洋画家、中山忠彦を取り上げた企画展です。写実表現と美を追求し、現在も活躍する画家。本企画展では、初期から近年の作品までを展示、その画業を紹介します。詳細は木村記念美術館の企画展ページでご覧いただけます。

「国東時間のモノつくりーヒトノカタチモノノイロー」

 国東半島を拠点に活動する国東時間。ダンボールを素材とし、人やもの、動物などさまざまなモチーフのアートパズルを制作しています。本企画展ではそうしたアートパズルを展示、国東時間のものづくりをお楽しみいただけます。

詳細情報
会場 南部まちなみ交流館
観覧料 無料

「北村直登+ATELIER WORKS」

 福岡県出身で、現在は大分市を拠点に活動する北村直登と、彼が主催するアトリエ、NAOTO KITAMURAで活動する画家、江藤シオと福田勇祐の3人の作品が一堂に会する企画展。個性あふれる作品をご覧ください。

詳細情報
会場 日ノ出町商店街空き店舗
観覧料 無料

「障がい者アート作品展」

 中津市など、周防灘地域で生活する障がいのある方を中心にした、公募による作品展。自由な発想と、豊かな個性が創り出す、アート作品をぜひお楽しみください。

詳細情報
会場 中津市立小幡記念図書館 研修室
観覧料 無料

 

地図

なかつ水灯り2018

お問い合わせ

教育委員会 社会教育課・生涯学習推進室
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-4942
FAX:0979-22-1492
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください