「懐かしき昭和の新聞広告展」を開催します【終了】

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2018年12月12日 14時36分

 東京オリンピックを目前に控えた昭和30年代後半は、世界経済に追いつけ追い越せと、国内産業界は空前の活況を呈していました。
 その頃、大量生産から大量消費へつながる重要な広告媒体が、カラーテレビの急速な普及により、新聞からテレビへと大きく移行しました。新聞各社は媒体力を高めるため、広告を含めた全ページカラー化に全力を挙げて取り組みました。
 今回は、当時の新聞各社の企業努力による新聞広告のモノクロからカラーへの移り変わりをご覧頂き、また戦後高度経済成長期の人々の日常生活の変化も感じて頂ければと考えております。

懐かしき昭和の新聞広告展[PDF:117KB]

展示場所 南部まちなみ交流館 中津市1828番(諸町) 電話23-6070 
入館料 無料
展示期間 平成30年12月14日金曜日から12月23日日曜日まで
展示時間 午前9時から午後6時まで

主催 南部まちなみ交流館運営協議会 担当 小野維平
後援 中津市教育委員会 中津耶馬渓観光協会 NPO法人中津まちなみ会

サントリーおじさん
サントリーおじさん

お問い合わせ

企画観光部 まちづくり推進室
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください