桧原山正平寺で340年以上続く「節分鬼会」が開催されました。

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2019年02月04日 08時47分

 平成31年2月3日日曜日、耶馬溪町大字中畑の桧原山正平寺で伝統行事の「節分鬼会(せつぶんおにえ)」が開催され、地域内外から約150人の方が参拝しました。
 住職による読経の後、経典で体を叩いて無病息災を祈る「お加持」が全ての参拝者に行われました。その後、4匹の鬼が登場して、ユーモアたっぷりの厄払いの舞が披露され、お堂が笑顔と拍手に包まれました。
 最後に、年男年女の参拝者による豆まきと、参拝者に開運のお札が配られました。お札が配られる間に、御神酒と豚汁も振る舞われました。

善鬼による舞
善鬼による舞
経典で「お加持」
経典で「お加持」
ユーモラスな舞いを披露しました
ユーモラスな舞いを披露しました
年男年女による餅まき
年男年女による餅まき
善鬼による厄払い
善鬼による厄払い

お問い合わせ

耶馬溪支所 耶馬溪地域振興課
住所:〒871-0405 大分県中津市耶馬溪町大字柿坂138番地1
TEL:0979-54-3111
FAX:0979-54-2646
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください