ネモフィラが見頃を迎えています!

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2019年04月09日 10時00分

 青の洞門対岸のネモフィラロードは、今年も観光客がたくさん訪れています。空の青とネモフィラの青、そして新緑の青のコントラストがとてもきれいです。
 ネモフィラ畑は、種まきから除草までの作業を地域や様々な団体の方々と協力しながらつくっています。ネモフィラ畑には、その畑をつくった団体の名前が書かれた看板を設置しています。
 ネモフィラの花言葉は「可憐」です。また、青い花の中心が白いことから英名で「Baby blue eyes(赤ちゃんの青い瞳)」とも呼ばれています。
 4月14日(日)には、ネモフィラ畑のすぐそばで、11時から14時までの間、中津市しもげ商工会本耶馬渓支部女性部によるお茶の接待を予定しています。
 可憐でかわいいネモフィラを見に、本耶馬渓へ遊びに来ませんか。

0407ネモフィラ畑
満開のネモフィラが観光客の目を楽しませています。 
種まき3
除草作業
 みんなの協力で、ネモフィラ畑は作られています。

お問い合わせ

本耶馬渓支所 本耶馬渓地域振興課
住所:〒871-0295 大分県中津市本耶馬渓町曽木1800番地
TEL:0979-52-2211
FAX:0979-52-2427
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください