平田氏庭園が国登録記念物(名勝地関係)に答申されました。

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2019年06月24日 12時03分

令和元年6月21日(金)の文化審議会文化財分科会において、耶馬溪町平田に所在する平田氏庭園が国の登録記念物(名勝地関係)に答申されました。

平田氏庭園は地元名家・平田家の住宅庭園で、大正時代に造園されました。当時の当主・平田吉胤は耶馬渓の名勝指定や地域振興、観光開発に尽力した人で、本庭園にも耶馬渓の地域性を活かした演出が随所に見られます。また大正時代の造園特徴もよく遺しており、「耶馬渓の風致景観を巧みに取り込んで特徴ある眺望を演出するよう工夫された意義深い事例であり、時代を特徴づける造形をよく遺している。」との評価を受けました。

また平田家では平成29年に住宅の主屋と新座敷が国有形文化財に登録されています。普段は非公開ですが、7月7日(日)に庭園及び住宅が特別公開されます。
事前予約制(参加費2000円)ですので、特別公開の詳細・申し込みは平田邸活用推進協議会にお問い合わせください。

平田邸活用推進協議会 事務局 電話:0979-54-2117(台 亮嗣氏)
 

 
伏石から「木ノ子岳の景」を望む
伏石から望む名勝耶馬渓「木ノ子岳の景」
 
主屋3階の広間からの眺望
主屋3階広間からの眺望
主屋3階から望む庭園
主屋3階から望む庭園
 

お問い合わせ

教育委員会 文化財室
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください