中津市山国町「三所神社」の阿弥陀堂が改修されました。

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2019年12月09日 13時18分

 中津市山国町守実の三所神社は、英彦山七大行司の一つと伝えられ、神仏習合の姿を今に伝えている中津市でも珍しい神社です。この神社の境内からさらに山を登ると上宮・古上宮があり、途中の分岐点から左手の上宮を目指すと「十六羅漢」と「木造阿弥陀如来座像」が安置されています。
 この「木造阿弥陀如来座像」が置かれているお堂が、地域の人たちの手によって改修されました。地域の人たちが大切に伝統を受け継ごうと取り組んでいます。ぜひ見学に来てください。なお、阿弥陀堂は山中にあることから、登山に適した装備が必要です。

 
960A5740
新しくなったお堂
 
960A5730
三所神社境内
960A5753
境内の案内版
 
960A5731
この鳥居の奥から山に登ります
960A5736
途中の分岐点に看板が立っています
960A5738
十六羅漢
960A5743
木造阿弥陀座像
 

お問い合わせ

山国支所 山国地域振興課
住所:〒871-0795 大分県中津市山国町守実130番地
TEL:0979-62-3111
FAX:0979-62-2590
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください