中津市木村記念美術館 企画展

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2015年05月13日 11時10分

最終更新日 2017年04月17日 09時41分

 
 

トップページへのリンクボタン 常設展へのリンクボタン 企画展へのリンクボタン お知らせへのリンクボタン
美術館についてへのリンクボタン 収蔵作品へのリンクボタン アートスペース中津へのリンクボタン 美術鑑賞講座へのリンク
なかつしきむらきねんびじゅつかんろご画像

企画展

「吉田達麿と吉松眞司~響きあう感性、描き続けた生涯~」

吉田吉松展チラシ
 戦前戦後~平成にかけて活躍した画家、吉田達麿(豊前市出身)と吉松眞司(中津市出身)。二人の間には深い親交がありました。専業画家と美術教師という違う道を歩みながらも、互いに刺激し合い、絵を描き続けました。本展覧会では、個性溢れる作品群と共に二人の画業を紹介します。

会期:平成29年3月10日(金曜日)~4月17日(月曜日)
会場:中津市木村記念美術館
「吉田達麿と吉松眞司~響きあう感性、描き続けた生涯~」出品目録[PDF:138KB]

ギャラリートークの様子2  ギャラリートークの様子1
ギャラリートークの様子

 

耶馬渓「日本新三景」選定100周年記念特別展
 「画家たちの見た耶馬渓」

 耶馬渓「日本新三景」選定100周年を記念した特別展です。中津市の名勝耶馬渓は、頼山陽が命名し、「耶馬渓図巻」等によって紹介した頃から、多くの文化人に愛され、美術作品の題材として取り上げられてきました。今展覧会では、大分県出身の画家の作品を中心に、近世から現代まで、日本画・洋画・版画等、時代・ジャンルを問わず、「耶馬渓」を題材にした作品を展示・紹介しました。

平成28年度特別展「画家たちの見た耶馬渓」出品目録[PDF:154KB]

「画家たちの見た耶馬渓」チラシ表

耶馬渓「日本新三景」選定100周年記念特別展
「画家たちの見た耶馬渓」

会期:平成28年11月10日(木曜日)~12月11日(日曜日)
会場:中津市木村記念美術館

 
展示解説の様子1 ワークショップ中の写真
ギャラリートーク・ワークショップの様子

 

平成27年度企画展

大分県中津市出身で、現在も中津市で活動を続ける画家・田中長光(たなか ながみつ:1927‐)氏を取り上げた企画展です。第二次世界大戦後から美術の道に足を踏み入れ、現在まで、油彩・水彩・木版等多彩な作品を制作し続けています。今展覧会では、作家の卒寿を記念して、長年に及ぶ画歴を、多くの作品とともに振り返ります。
「卒寿記念 田中長光展―創作の軌跡―」出品目録[PDF:126KB]
田中長光展ポスター画像

「卒寿記念 田中長光展―創作の軌跡―」
会期:平成28年2月20日(土)~3月21日(月)
会場:中津市木村記念美術館

ワークショップの様子 ギャラリートークの様子
ワークショップ・ギャラリー・トークの様子

過去の企画展

お問い合わせ

教育委員会 社会教育課・生涯学習推進室
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-4942
FAX:0979-22-1492
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください