中津市木村記念美術館 企画展

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2015年05月13日 11時10分

最終更新日 2017年07月10日 08時37分

 
 

トップページへのリンクボタン 常設展へのリンクボタン 企画展へのリンクボタン お知らせへのリンクボタン
美術館についてへのリンクボタン 収蔵作品へのリンクボタン アートスペース中津へのリンクボタン 美術鑑賞講座へのリンク
なかつしきむらきねんびじゅつかんろご画像

企画展

「私の一品~中津美術協会作家展~」

  私の一品チラシ表面
 平成29年美術館企画展第一弾は中津美術協会の作家を取り上げご紹介します。中津美術協会は、「地域社会の美術の向上を図るとともに、会員相互の研修と親睦を深め、市民文化の発展に寄与することを目的とする」という会則に従い、長年活動を続けています。今回は、中津の芸術文化活動を支え育む土壌を作ってきた美術協会に現在所属する作家が自ら選ぶ“私の一品”を展示します。是非足をお運びください。

会期:平成29年7月28日(金曜日)~8月28日(月曜日)
会場:中津市木村記念美術館

【関連イベント】

ギャラリートーク(展示解説)
開催日 平成29年8月5日(土曜日)、20日(日曜日)
時間 各日14時~(30分程度の予定)
会場 木村記念美術館
担当 美術協会会員、当館学芸員
申込 事前申込不要(要観覧料)
 
ワークショップ「テンペラ画に挑戦!~卵を使った絵の具で描こう~」
開催日 平成29年8月26日(土曜日)
時間 13時30分~15時30分
会場 小幡記念図書館 視聴覚室
講師 美術協会会員
参加費 無料
対象 一般20名(小学生以上、先着順)
持参物 汚れても大丈夫な上着・エプロン、作品を持って帰るための袋(作品サイズ:22.7×15.8cm)、描きたいものやその写真(ある場合)
申込 事前の申し込みが必要です。下部に添付している申込み用紙を当館または小幡記念図書館にご持参いただくか、電話・FAXにてお申し込みください。また、申込用紙は美術館・図書館でも配布しております。是非ご参加ください。
 

「吉田達麿と吉松眞司~響きあう感性、描き続けた生涯~」

吉田吉松展チラシ
 戦前戦後~平成にかけて活躍した画家、吉田達麿(豊前市出身)と吉松眞司(中津市出身)。二人の間には深い親交がありました。専業画家と美術教師という違う道を歩みながらも、互いに刺激し合い、絵を描き続けました。本展覧会では、個性溢れる作品群と共に二人の画業を紹介します。

会期:平成29年3月10日(金曜日)~4月17日(月曜日)
会場:中津市木村記念美術館
「吉田達麿と吉松眞司~響きあう感性、描き続けた生涯~」出品目録[PDF:138KB]

ギャラリートークの様子2  ギャラリートークの様子1
ギャラリートークの様子

 

耶馬渓「日本新三景」選定100周年記念特別展
 「画家たちの見た耶馬渓」

 耶馬渓「日本新三景」選定100周年を記念した特別展です。中津市の名勝耶馬渓は、頼山陽が命名し、「耶馬渓図巻」等によって紹介した頃から、多くの文化人に愛され、美術作品の題材として取り上げられてきました。今展覧会では、大分県出身の画家の作品を中心に、近世から現代まで、日本画・洋画・版画等、時代・ジャンルを問わず、「耶馬渓」を題材にした作品を展示・紹介しました。

平成28年度特別展「画家たちの見た耶馬渓」出品目録[PDF:154KB]

「画家たちの見た耶馬渓」チラシ表
会期:平成28年11月10日(木曜日)~12月11日(日曜日)
会場:中津市木村記念美術館
 
展示解説の様子1 ワークショップ中の写真
ギャラリートーク・ワークショップの様子

過去の企画展

お問い合わせ

教育委員会 社会教育課・生涯学習推進室
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-4942
FAX:0979-22-1492
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください