平成30年度 中津市立中津市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1232 170 188 310 287 439 968 1446 1269 271
60歳以上の入院患者が全体の60.1%を占めています。また当院は、大分県より「地域周産期母子医療センター」の指定を受けており、新生児・小児患者が多いため、小児患者の割合が全体の約2割を占めていることも特徴の一つです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科、糖尿病内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130080xx97x00x 再生不良性貧血
手術あり
手術・処置等2なし
定義副傷病なし
118 1.3 10.74 0.85% 81.0
130060xx97x00x 骨髄異形成症候群
手術あり
手術・処置等2なし
定義副傷病なし
85 3.1 15.42 0.00% 77.4
130090xx97x0xx 貧血(その他)
手術あり
手術・処置等2なし
37 3.1 10.57 2.70% 81.6
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫
手術なし
手術・処置等24あり
定義副傷病なし
26 21.0 16.17 0.00% 74.0
130050xx97x0xx 慢性白血病、
骨髄増殖性疾患
手術あり
手術・処置等2なし
19 4.6 16.02 0.00% 68.9
内科では、主に骨髄異形成症候群・悪性リンパ腫・急性白血病等の血液疾患に対し、化学療法や輸血治療等を行っています。
また、糖尿病・内分泌内科では、糖尿病の診断・治療を行っています。
内科の診断群TOP5は、再生不良性貧血や骨髄異型性症候群、貧血、骨髄増殖性疾患などに対しての輸血や、非ホジキンリンパ腫に対してリツキシマブという抗癌剤を用いた化学療法が多くなっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、
胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等
手術・処置等2なし
定義副傷病なし
100 7.4 10.08 2.00% 76.0
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍
(続発性を含む。)
その他の手術あり
手術・処置等2なし
定義副傷病なし
46 11.8 10.42 4.35% 78.7
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患
(良性腫瘍を含む。)
内視鏡的大腸ポリープ・
粘膜切除術
定義副傷病なし
31 2.9 2.67 3.23% 66.8
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍
内視鏡的胃、
十二指腸ポリープ・
粘膜切除術
手術・処置等2なし
29 7.7 8.52 0.00% 74.6
060300xx99x00x 肝硬変
(胆汁性肝硬変を含む。)
手術なし
手術・処置等2なし
定義副傷病なし
20 16.6 12.15 10.00% 77.5
消化器内科で最も多い診断群は、胆管結石・胆管炎などの胆管疾患で内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)を用いて胆管結石の砕石や胆汁の流れを改善するためのステント留置等となっています。2番目の診断群は、肝臓がんに対しての経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)や肝動脈化学塞栓術(TACE)・経皮的エタノール注入療法(PEIT)等で、患者さんの状態に応じた治療を行っています。3番目は、大腸ポリープのポリープ切除、4番目は早期胃がんに対して内視鏡を用いて大きさや部位を問わず一括切除が可能な内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、5番目は肝硬変に対する治療となっています。また、その他食道静脈瘤の治療や胃潰瘍・十二指腸潰瘍・大腸ポリープ等の消化器疾患やウイルス性肝炎等の検査・治療も幅広く行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、
慢性虚血性心疾患
手術なし
手術・処置等11あり
手術・処置等2なし
定義副傷病なし
146 3.4 3.01 0.00% 71.1 心臓カテーテル検査
(上腕)

心臓カテーテル検査
(鼠径)
050050xx02000x 狭心症、
慢性虚血性心疾患
経皮的冠動脈形成術等
手術・処置等1なし、
1,2あり
手術・処置等2なし
定義副傷病なし
103 6.4 4.47 4.85% 74.2 PCI
050140xx99x00x 高血圧性疾患
手術なし
手術・処置等2なし
定義副傷病なし
43 16.2 8.80 16.28% 77.8
050030xx97000x 急性心筋梗塞
(続発性合併症を含む。)、
再発性心筋梗塞
その他の手術あり
手術・処置等1なし、1あり
手術・処置等2なし
定義副傷病なし
42 21.1 12.52 11.90% 69.2
050140xx99x01x 高血圧性疾患
手術なし
手術・処置等2なし
定義副傷病あり
27 17.4 19.30 14.81% 84.2
循環器内科で最も多い診断群は狭心症や陳旧性心筋梗塞などの虚血性心疾患に対しての心臓カテーテル検査、2番目は狭心症や陳旧性心筋梗塞に対して冠動脈にステントを留置するステント留置術、4番目は急性心筋梗塞に対しての冠動脈ステント留置術でした。急性心筋梗塞や狭心症等の冠動脈疾患に対し、心臓カテーテル検査・治療を積極的に行っています。3番目と5番目は高血圧性心不全など心不全の加療となっています。また洞不全症候群や房室ブロック等の不整脈に対し、ペースメーカー移植術や交換術等やその他、うっ血性心不全や高血圧性疾患等の循環器疾患全般にも幅広く対応しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、
急性細気管支炎、
下気道感染症(その他)
定義副傷病なし
146 5.2 6.19 0.00% 1.2
080270xxxx1xxx 食物アレルギー
手術・処置等1あり
129 1.0 2.14 0.00% 2.1
150040xxxxx0xx 熱性けいれん
手術・処置等2なし
94 3.8 3.83 0.00% 1.9
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎
手術・処置等2なし
90 3.6 5.42 0.00% 4.4
040100xxxxx00x 喘息
手術・処置等2なし
定義副傷病なし
90 5.3 6.62 1.11% 3.7
当院は、大分県より「地域周産期母子医療センター」の指定(大分県内では3医療機関のみ)を受けており、中津市内・市外より多くの小児患者を診療しています。主な疾患としては、急性気管支炎・インフルエンザ・気管支喘息等、呼吸器系疾患の他、食物アレルギーに対する検査入院や熱性けいれんやウイルス性腸炎が上位となっていますが、川崎病やアレルギー疾患の症例も多い傾向にあります。また小児科では、新生児集中治療室(NICU)を3床有しており、新生児疾患の治療にも素早く対応できる体制を整えています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等
腹腔鏡下胆嚢摘出術等
手術・処置等1なし
手術・処置等2なし
定義副傷病なし
70 6.3 7.30 2.86% 66.2 腹腔鏡下胆嚢摘出
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)
腹腔鏡下胆嚢摘出術等
35 5.6 6.52 0.00% 60.9 腹腔鏡下胆嚢摘出
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の
悪性腫瘍
結腸切除術 全切除、
亜全切除又は
悪性腫瘍手術等
手術・処置等1なし
手術・処置等2なし
定義副傷病なし
28 16.2 15.30 7.14% 72.7
060020xx02x00x 胃の悪性腫瘍 胃切除術
悪性腫瘍手術等
手術・処置等2なし
定義副傷病なし
22 16.0 16.49 0.00% 70.6
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞
手術なし
手術・処置等1なし
手術・処置等2なし
定義副傷病なし
20 10.9 8.95 10.00% 69.0
当院は、大分県北地区の中核病院として、地域医療支援病院や地域がん連携拠点病院などの機能を果たしており、地域のかかりつけ医と連携して悪性疾患や救急疾患を中心に診療を行っています。特に外科では、消化器外科領域である、食道がん・胃がん・大腸がん・肝臓がんや乳腺外科領域である乳がん等の悪性腫瘍に対し、患者さんの病状に合わせて手術療法・化学療法(抗がん剤治療)・放射線治療等を組み合わせた集学的治療を行っています。その他、鼠径ヘルニアや胆のう結石(胆のう炎)等の消化器系疾患についても、侵襲の少ない腹腔鏡下手術を積極的に行い、患者さんの負担をできる限り少なくするように心がけています。診断群は多い順に①②胆のう炎や胆のう結石に対する胆のう摘出術、③結腸がんに対する切除術、④胃がんに対する胃切除術、⑤腸閉塞に対しての加療となっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん
手術なし
手術・処置等2なし
定義副傷病なし
13 7.2 7.28 7.69% 61.3
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷
手術なし
手術・処置等2なし
定義副傷病なし
11 6.1 7.35 36.36% 66.8
010060x2990401 脳梗塞
(脳卒中発症3日目以内、
かつ、JCS10未満)
手術なし
手術・処置等1なし
手術・処置等24あり
定義副傷病なし
発症前Rankin Scale 0、1又は2
10 12.9 16.18 70.00% 78.5
010060x2990201 脳梗塞
(脳卒中発症3日目以内、
かつ、JCS10未満)
手術なし
手術・処置等1なし
手術・処置等22あり
定義副傷病なし
発症前Rankin Scale 0、1又は2
- - - - -
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫
(非外傷性硬膜下血腫以外)
(JCS10未満)
手術なし
手術・処置等1なし
手術・処置等2なし
定義副傷病なし
- - - - -
脳神経外科では、脳卒中(脳出血・脳梗塞・くも膜下出血)や頭部外傷(脳挫傷・外傷性硬膜下血腫・外傷性くも膜下出血等)に対し、患者さんの病状に応じた治療を行っています。またその他の特色としては、脳卒中等の後遺症に伴って四肢の動きが固くなっている(痙縮)方に対して、その状況を改善するためのボツリヌス毒素(ボトックス)の局所注射、筋緊張緩和剤であるバクロフェンを脊髄腔内に持続注入するためのポンプ植え込み手術も行っています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍
手術あり
手術・処置等2なし
66 12.1 11.87 1.52% 70.6
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍
手術なし
手術・処置等1なし
手術・処置等24あり
定義副傷病なし
54 13.7 10.00 1.85% 74.4
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍
手術なし
手術・処置等1なし
手術・処置等2なし
41 16.3 14.58 7.32% 70.9
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等
手術・処置等2なし
定義副傷病なし
30 11.0 10.08 0.00% 36.9
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍
手術なし
手術・処置等1なし
手術・処置等28あり
21 9.5 10.62 0.00% 68.6
呼吸器外科では全体の約9割が肺がんの診断・治療であり、患者さんの病状に合わせて手術療法・化学療法(抗がん剤治療)・放射線治療等を組み合わせた集学的治療を行っています。同じ肺がんの治療でも上記DPCコードが細かく分かれている理由は、使用する抗がん剤の種類や組み合わせが異なるためです。その他、気胸・縦隔腫瘍・悪性中皮腫等、呼吸器系疾患に対しても幅広く診断・治療を行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx97x0xx ■手術・処置等の合併症
手術あり
手術・処置等2なし
47 2.6 11.56 21.28% 71.3
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患
下肢静脈瘤手術等
30 2.2 2.85 0.00% 69.9 下肢
ストリッピング
100335xx99x2xx ■代謝障害(その他)
手術なし
手術・処置等22あり
25 1.0 5.89 0.00% 56.8
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・
慢性間質性腎炎・
慢性腎不全 動脈形成術、
吻合術
その他の動脈等
手術・処置等2なし
定義副傷病なし
15 2.5 8.75 13.33% 73.9 内シャント造設
050161xx99000x 解離性大動脈瘤
手術なし
手術・処置等1なし
手術・処置等2なし
定義副傷病なし
13 17.0 17.40 15.38% 73.0
心臓血管外科では、心臓弁膜症に対する人工弁置換術や弁形成術、狭心症に対する冠動脈バイパス術、胸部や腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術、下肢動脈閉塞に対する自家静脈や人工血管を用いた血行再建術またはカテーテル治療、下肢静脈瘤に対する静脈瘤抜去切除術(ストリッピング手術)やレーザーを用いた焼灼術を行っています。診断群の上位(①と④)は人工透析に用いるシャントの合併症に対しての治療が最も多くなっており、続いて下肢静脈瘤、解離性大動脈瘤となっています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア
(15歳未満)
ヘルニア手術
鼠径ヘルニア等
17 3.1 2.82 0.00% 3.0
140590xx97xxxx 停留精巣
手術あり
- - - - -
060150xx03xxxx 虫垂炎
虫垂切除術
虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等
- - - - -
060150xx02xxxx 虫垂炎
虫垂切除術
虫垂周囲膿瘍を伴うもの等
- - - - -
11022xxx02xxxx 男性生殖器疾患
陰嚢水腫手術等
- - - - -
小児外科では、15歳以下の外科的治療を必要とする病気の診療を行っています。主な疾患は鼡径ヘルニア、陰嚢水腫、停留精巣、虫垂炎で、九州大学小児外科の応援を受けて手術を行っています。入院患者数はそれほど多くありませんが、小児外科疾患の対応可能な医療機関は少なく、当院の特色の一つです。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症
手術なし
定義副傷病なし
24 11.8 12.58 8.33% 73.8
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍
手術なし
手術・処置等1あり
定義副傷病なし
23 3.3 2.53 0.00% 71.7
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等
経尿道的前立腺手術等
21 10.7 8.65 0.00% 75.4
110070xx02020x 膀胱腫瘍
膀胱悪性腫瘍手術
経尿道的手術
手術・処置等1なし
手術・処置等22あり
定義副傷病なし
20 5.9 7.40 0.00% 80.9
110070xx0200xx 膀胱腫瘍
膀胱悪性腫瘍手術
経尿道的手術
手術・処置等1なし
手術・処置等2なし
19 6.1 7.20 0.00% 75.2
泌尿器科では、膀胱がん・前立腺がん・腎臓がん等、泌尿器系のがんに対し、患者さんの病状に合わせて手術療法・化学療法(抗がん剤治療)・放射線治療等を組み合わせた集学的治療を行っています。その他、前立腺肥大症や尿管結石や膀胱結石等に対し、経尿道的治療を行っており、泌尿器系疾患全般に幅広く診断・治療が可能です。また、当院は県北地域で唯一放射線治療ができる病院であり、患者さんの要望にあわせて放射線治療も積極的に行っております。診断群は、①尿路感染症などでの加療、②前立腺がん疑いに対しての生検、③前立腺肥大症などに対する前立腺切除術、④⑤は膀胱がんに対して膀胱腫瘍切除術や化学療法(膀胱注入)となっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常
子宮全摘術等
76 11.2 9.70 0.00% 32.5 帝王切開
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常
手術なし
48 3.4 6.52 4.17% 31.6 経腟分娩
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍
子宮全摘術等
30 10.3 9.87 0.00% 46.7 腹式子宮全摘
120260xx99xxxx 分娩の異常
手術なし
25 1.6 4.88 0.00% 30.4 経腟分娩
120170xx99x0xx 早産、切迫早産
手術なし
手術・処置等2なし
25 23.0 19.69 24.00% 30.6
当院は、大分県より「地域周産期母子医療センター」の指定(大分県内では3医療機関のみ)を受けており、妊娠・分娩・産褥等、周産期に関わる様々な疾患や妊娠・分娩の合併症等に対し、診断・治療を行っています。正常分娩からハイリスク分娩まで幅広く対応が可能です。また、子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん等の婦人科系悪性腫瘍や子宮筋腫・卵巣腫瘍等の良性腫瘍についても、診断・治療を行い、手術を行う場合でも、できる限り侵襲の少ない腹腔鏡手術を行っています。診断群は、①骨盤位、既往帝王切開に対しての帝王切開、②④は前期破水、⑤は切迫早産、➃は子宮筋腫に対しての子宮全摘、核出術等となっています。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍
(続発性を含む。)
その他の手術あり
手術・処置等2なし
定義副傷病なし
- - - - -
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患
手術なし
- - - - -
030400xx99xxxx 前庭機能障害
手術なし
- - - - -
090010xx99x2xx 乳房の悪性腫瘍
手術なし
手術・処置等22あり
- - - - -
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患
(良性腫瘍を含む。)
内視鏡的大腸ポリープ・
粘膜切除術
定義副傷病なし
- - - - -
放射線科は、CT・MRI等の画像診断や様々な”がん”に対する放射線治療等、他の診療科をサポートすることが多いため、患者数自体はそれほど多くありませんが、大腸ポリープ等に対する内視鏡的大腸ポリープ切除術(EMR)、肝臓がんに対する肝動脈化学塞栓術(TACE)、乳がんに対する放射線治療等を行っています。核医学機器や放射線治療機器は当該地区に1台しかなく、非常に重要です。ハイブリッド型でPET、SPECTともに行えます。MDCTは80列で、冠動脈CT、CTC、脳perfusion CTなども行っています。血管撮影装置は頭部、腹部用と心カテ用があります。患者数が10未満の数値は、「-」としています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 50 8 18 17 18 21 1 7
大腸癌 23 21 35 51 20 26 2 8
乳癌 24 15 9 6 6 8 1 7
肺癌 53 12 53 91 12 40 1 7
肝癌 6 17 14 13 8 86 2 6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は、平成23年4月より地域がん診療連携拠点病院に指定されており、上記5大がんを始めとした多くのがん患者さんの診断・治療を行っています。
初発の5大がんで一番症例数が多いのは肺がん(221件)で次に大腸がん(150件)、胃がん(111件)、乳がん(60件)、肝臓がん(58件)の順となっています。一方、再発症例では、肝臓がん(86件)が一番多く、次に肺がん(40件)、大腸がん(26件)、胃がん(18件)、乳がん(8件)の順となっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 12 11.00 58.75
中等症 91 14.52 82.55
重症 17 21.65 85.59
超重症 - - -
不明 - - -
成人の市中肺炎患者(日常生活の中で発症する肺炎)は、高齢者が多く平均在院日数も長い傾向にあります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 62 18.34 79.08 59.68%
その他 12 15.00 71.17 25.00%
脳梗塞の患者数は、発症日から3日以内の症例が62件(平均年齢79.08歳)、それ以外の症例が12件(平均年齢71.17歳)となっています。
また脳梗塞患者の転院率が高いのは、当院が急性期医療に特化した病院であり、急性期治療を脱した患者さんが、より専門的なリハビリテーションを受けるために転院されることが主な理由の一つとして挙げられます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 82 1.02 9.48 1.22% 75.71
K6153 血管塞栓術
(頭部、胸腔、腹腔内血管等)
(その他)
56 2.02 12.09 5.36% 77.16
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
(長径2cm未満)
32 0.28 1.59 0.00% 68.06
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法
(2cm以内)
(その他)
30 1.50 10.70 0.00% 76.00
K6532 内視鏡的胃、
十二指腸ポリープ・粘膜切除術
(早期悪性腫瘍粘膜下層)
27 0.89 6.59 0.00% 74.67
消化器内科では、胆管結石・胆管炎・急性膵炎等で、胆汁の流れが悪くなった患者さんに対し、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)を行い、ステント留置や結石の砕石等で胆汁の流れを改善します。また肝臓がんに対しては、経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)や血管塞栓術(肝動脈化学塞栓術)等を積極的に行っています。その他、早期胃がんに対してESD(内視鏡的粘膜剥離術)、内視鏡的な大腸ポリープの切除等、内視鏡を利用した検査・治療に幅広く対応しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術
(その他)
89 2.67 4.13 3.37% 75.42 PCI
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術
(急性心筋梗塞)
38 0.03 24.69 13.16% 68.89
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術
(不安定狭心症)
19 0.05 14.79 21.05% 70.63
K5972 ペースメーカー移植術
(経静脈電極)
13 3.31 11.77 0.00% 81.62 ペースメーカー植え込み
(3日間)

ペースメーカー植え込み
(リード交換)

K5463 経皮的冠動脈形成術
(その他)
- - - - - PCI
循環器内科では、急性心筋梗塞・不安定狭心症・狭心症等の冠動脈疾患に対し、冠動脈ステント留置術等の治療を積極的に行っています。また洞不全症候群や房室ブロック等の不整脈に対しては、ペースメーカー移植術やペースメーカー交換術を行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 114 1.70 6.04 3.51% 64.49 腹腔鏡下胆嚢摘出術
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 31 3.87 18.23 3.23% 70.65
K655-22 腹腔鏡下胃切除術
(悪性腫瘍手術)
19 1.53 18.74 0.00% 71.32
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 16 1.94 13.00 6.25% 72.88
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術
(低位前方切除術)
15 4.53 21.93 0.00% 74.73
外科では、胆のう結石(胆嚢炎)等に対して行う「腹腔鏡下胆のう摘出術」が症例数トップで、食道がん・胃がん・結腸がん・直腸がん・肝臓がん・膵臓がん等の消化器系がんの手術や乳がんに対する手術も積極的に行っています。全般的に腹腔鏡を使用した手術が多く、患者さんの負担軽減を心がけた治療を行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術
(穿頭)
10 0.40 11.00 0.00% 81.5
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
K1642 頭蓋内血腫除去術
(開頭)
(硬膜下)
- - - - -
K145 穿頭脳室ドレナージ術 - - - - -
K1492 減圧開頭術
(その他)
- - - - -
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫に対し、局所麻酔下に穿頭(頭に穴をあける)し、血腫を除去する「慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術」、内頚動脈(心臓から脳に栄養を送る血管)が狭くなる内頚動脈狭窄症に対して行う「経皮的頸動脈ステント留置術」、脳室内外に髄液が過剰にたまった状態である水頭症や脳外傷に対して行う「穿頭脳室ドレナージ術、減圧開頭術」、脳腫瘍等に対する「頭蓋内腫瘍摘出術」や頭を切り開くことなく、脳の血管からアプローチして治療を行う「脳血管内手術」「血管塞栓術」等、脳神経外科領域全般的に治療を行っています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術
(肺嚢胞手術(楔状部分切除))
28 3.75 6.50 0.00% 32.89
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術
(肺葉切除又は1肺葉を超える)
28 2.93 13.00 3.57% 70.86
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術
(部分切除)
19 1.42 10.32 0.00% 68.75
K5132 胸腔鏡下肺切除術
(その他)
- - - - -
K5111 肺切除術
(楔状部分切除)
- - - - -
呼吸器外科では、主に肺がんに対し胸腔鏡下・胸腔鏡補助下の手術を積極的に行っています。また縦隔腫瘍・肺のう胞・気胸等の呼吸器外科領域全般の手術にも幅広く対応しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 34 0.65 1.21 20.59% 70.85 内シャント
K617-2 大伏在静脈抜去術 28 0.00 1.21 0.00% 69.82 下肢
ストリッピング
K6147 血管移植術、
バイパス移植術
(その他の動脈)
24 1.88 4.88 29.17% 76.08 内シャント造設
K5551 弁置換術
(1弁)
10 6.70 29.30 30.00% 73.90 心外術前
K552-22 冠動脈、
大動脈バイパス移植術
(人工心肺不使用)
(2吻合以上)
- - - - - 心外術前
心臓血管外科では、心臓弁膜症に対する人工弁置換術や弁形成術、狭心症に対する冠動脈バイパス術、胸部や腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術、下肢動脈閉塞に対する自家静脈や人工血管を用いた血行再建術またはカテーテル治療、下肢静脈瘤に対する静脈瘤抜去切除術(ストリッピング手術)、人工透析のシャント作成術などを行っています。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術
(両側)
17 1.00 1.06 0.00% 3.00
K836 停留精巣固定術 - - - - -
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術
(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)
- - - - -
K8351 陰嚢水腫手術
(交通性陰嚢水腫手術)
- - - - -
K6333 臍ヘルニア手術 - - - - -
小児外科では、主に15歳以下の鼡径ヘルニア、陰嚢水腫、停留精巣、虫垂炎等に対し、外科的治療を行っています。手術件数はそれほど多くありませんが、小児外科疾患の対応可能な医療機関は少なく、当院の特色の一つです。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術
(経尿道的手術)
(電解質溶液利用)
40 1.35 7.90 0.00% 78.35
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 35 1.40 7.83 14.29% 72.83
K8411 経尿道的前立腺手術
(電解質溶液利用)
30 5.00 19.83 6.67% 77.90
K7811 経尿道的尿路結石除去術
(レーザー)
16 1.07 11.50 6.25% 72.44
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)
悪性腫瘍手術
- - - - -
泌尿器科では、膀胱がんに対する「膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)」、尿管結石・尿管狭窄等による水腎症に対する「経尿道的尿管ステント留置術」、前立腺肥大症に対する「経尿道的前立腺手術」、尿管結石等に対する「経尿道的尿路結石除去術」が件数上位となっています。その他腎臓がんや尿管がん、前立腺がん等の悪性腫瘍にも外科的治療を積極的に行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術
(選択帝王切開)
60 6.73 8.08 0.00% 33.72 帝王切開
K8981 帝王切開術
(緊急帝王切開)
55 1.29 7.80 5.45% 31.37 帝王切開
K877 子宮全摘術 33 1.61 8.09 0.00% 49.40 腹式子宮全摘
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術
(両側)(腹腔鏡)
25 1.76 6.08 0.00% 42.88 腹腔鏡下婦人科
K867 子宮頸部(腟部)切除術 23 1.04 2.74 0.00% 46.52 円切
産婦人科では、産科に関連した「帝王切開術(選択)」が60件と最も多く、「帝王切開術(緊急)」の55件と合わせて、115件の手術を行っています。また子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん等の悪性腫瘍や、子宮筋腫・卵巣良性腫瘍・子宮内膜症等の婦人科系疾患についても、できる限り患者さんの負担が少ない腹腔鏡手術を念頭に置いた治療を行っています。
放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6153 血管塞栓術
(頭部、胸腔、腹腔内血管等)
(その他)
- - - - -
K6532 内視鏡的胃、
十二指腸ポリープ・粘膜切除術
(早期悪性腫瘍粘膜下層)
- - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
(長径2cm未満)
- - - - -
K6534 内視鏡的胃、
十二指腸ポリープ・粘膜切除術
(その他)
- - - - -
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術
(不安定狭心症)
- - - - -
放射線科では、主に内視鏡を使用した「内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術」「結腸内視鏡的止血術」等の治療や、肝臓がん等に対し、血管塞栓術(肝動脈化学塞栓術)等を行っています。また早期胃がんに対しては、「内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)」の治療が対応可能で、患者さんの負担の少ない治療を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 11 0.19%
異なる 17 0.30%
180010 敗血症 同一 10 0.17%
異なる 13 0.23%
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00%
異なる 0 0.00%
180040 手術・処置等の合併症 同一 70 1.22%
異なる 1 0.02%
DIC(播種性血管内凝固症候群)の発生率は、入院の契機と異なるケース(入院後に発症する等)で0.30%、敗血症では、入院の契機と同一のケースでは0.17%、異なるケース(入院後に発症する等)では0.23%、その他の真菌感染症はなしとなっています。
手術処置の合併症については透析シャント合併症に対する治療が多く、入院契機と同一のケースで1.22%、入院の契機と異なるケース(入院後に発症する等)で0.02%となっています。
過去の病院指標
平成29年度
平成28年度
平成27年度
更新履歴
2019年9月19日
新規公開