病院紹介

薬剤科の紹介

 薬剤師は病院の中で、お薬に関わる仕事を主な業務としています。
 お薬を処方せんに基づき、正確に調剤するだけではなく、そのお薬が治療に最も有効に、安全に、使用できるよう重要な役割を担っています。

薬剤科の業務

調剤

 医師が処方した内容をチェックして、お薬をそろえ、患者さんにお渡ししています。
 お薬の量や使用方法、飲み合わせ、アレルギー歴などを考慮し、その患者さんにとって、適正にお薬が処方されているかをチェックしています。

調剤

注射薬調剤

 医師が処方した内容をチェックして、注射薬をそろえています。
 注射する部位、速さ、混合の可否、飲み薬との組み合わせなどを考慮し、その患者さんにとって、適正にお薬が処方されているかをチェックしています。

注射薬の混合

 抗がん剤や高カロリー輸液などの点滴を混合しています。

注射薬の混合

院内製剤

 製薬会社が作っていない薬や、病院独自で組み合わせて使用するお薬などを、文献などに基づき調製しています。

医薬品情報

 入院した患者さんがどのようなお薬を飲んでいたかを確認し、治療に活かしています。
 医師や看護師などに医薬品の情報を提供したり、副作用の情報を収集したりしています。

薬剤管理指導

 患者さんやご家族にお薬の効果や使用方法、副作用、その対策を説明しています。
 効き目や飲み合わせ、副作用についてもチェックを行い、患者さんが安心してお薬を使用できるように努めています。

薬剤管理指導

TDM

 ある分野のお薬では、患者さんの状態に合わせたお薬の種類や量を医師に提案しています。
 使用後は、血液中のお薬の濃度を測り、その後の投与設計を行っています。

チーム医療

 さまざまな職種とともに患者さんを中心とした治療について考えています。
 薬剤師は、その専門性を活かした提案を行っています。

チーム医療

教育

 薬学生の実習の受け入れを行ったり、他職種へお薬の勉強会を行ったりしています。

教育

病診薬連携・地域連携

 院内だけではなく、よりよい医療が提供できるよう、他の病院や診療所、薬局などと連携しています。

患者さん向けの講座

 院内でのがんサロンや糖尿病教室、公民館などでの出張講座などを行っています。

患者さん向けの講座

講演会・学会発表

 経験した症例やデータをまとめ、講演会や学会発表などを行っています。

講演会・学会発表