ダイハツ九州アリーナ

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2016年06月14日 10時14分

最終更新日 2019年04月23日 13時29分

2011100117169_192_168_0_31_kankou_sport_2011100400025_files_image1.gif
 
概要
ダイハツ九州アリーナは2019年4月1日~2022年3月31日のまで3年間指定管理者制度を導入しています。

施設概要や利用料金、施設の最新情報は指定管理業者ホームページhttps://ssk-nakatsu.com/arena/
をご覧ください。
               
施設コンセプト
中津市では、スポーツ振興を新たな街づくりの柱として取り組んでおり、ダイハツ九州アリーナは地域のスポーツ拠点施設として生涯スポーツの推進、日常スポーツの定着化、さらには競技スポーツの普及・振興を目的として大貞総合運動公園内に建設しました。また、チャレンジ大分国体の女子バスケットボール、空手道競技の主会場にもなっており、大会終了後は武道場としても活用できる、多様な市民ニーズに応える機能性と規模を兼ね備えた施設として各種全国規模の大会やイベントなどの誘致を計画しています。
    

 

大会情報と予約状況
現時点でのダイハツ九州アリーナで開催される大会(予定)と予約状況が下記のリンクから確認できます。
中津市体育施設予約ポータルサイト(別ウィンドウが開きます)
予約につきましては、空き状況を上記サイトにて確認、またはダイハツ九州アリーナ事務室(0979-53-6700)にお問い合わせの上、ダイハツ九州アリーナ事務室にて直接お申込みをお願いします。

施設の名前について

ネーミングライツとは
施設命名権のことを英語でネーミングライツと呼び、スポンサー企業の名前や製品名などのブランド名をつけることからできる権利を指します。
1970年代にアメリカで生まれ、国からの補助金が少なくなった公共施設が安定収益を求めて、4大スポーツ施設を中心に広がった経営手法でビジネスとして20年以上前から定着しています。

日本においては、2003年に味の素スタジアム(旧名称:東京スタジアム)が公共施設で初の事例として導入されてから、これまでに急速に広がりをみせてきています。
ちなみに県内では大銀ドーム、いいちこグランシアタがありますが、県内市町村では初めてです。

中津市の導入目的
平成20年開催の大分国体女子バスケットボール競技、空手道競技のメーン会場として建てられた総合体育館は、大会終了後においても多様な市民ニーズに応える機能性と規模を兼ね備え、地域のスポーツ拠点 施設として各種全国規模の大会の誘致やイベントの開催をおこなっています。
そこで、利用者の利便性の向上や利用促進などに対して民間と共に取り組み、企業イメージのアップに活用していただくとともに、施設管理 運営経費の確保を図るためネーミングライツスポンサーを募集しました。

契約期間 : 3年間(令和4年3月まで)
スポンサー企業 : ダイハツ九州株式会社 

 

避難場所

詳細
避難可能面積 2,780平方メートル
収容可能人数 695人

お問い合わせ

教育委員会 体育・給食課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111
FAX:0979-22-1492
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください