納期の特例について

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2016年09月09日 10時21分

最終更新日 2016年09月08日 10時59分

給与等の支払いを受ける人が常時10人未満である特別徴収義務者は、毎月納入する特別徴収税額を12月と翌年6月の年2回に分けて納入することができます。
この特例を受けるためには、「市・県民税特別徴収税額の納期の特例に関する承認申請書」を提出し、承認を受ける必要があります。

 
納期限について
給与の支払期限 納期限
6月から11月までの支払い分 12月10日
12月から翌年5月までの支払い分 翌年6月10日
※納期限は、10日が土曜日及び日曜日並びに国民の祝日等の場合には、金融機関の翌営業日が納期限となります。
 

注意事項

  • 納期の特例制度の承認を受けた場合は翌年度以降も特例での取り扱いとなりますので、毎年の申請は必要ありません。
  • 納期の特例制度の適用を受けることができるのは、給与の支払いを受ける方が常時10人未満の特別徴収義務者となります。そのため、給与の支払いを受ける方が常時10名未満でなくなった場合には、その旨を「市・県民税特別徴収税額の納期の特例の要件を欠いた場合等の届出書」に記載し提出をしていただくことになります。なお、常時10人未満ということは、平常時に給与の支払いを受ける方が10人に満たないということであり、繁忙期に臨時的に雇い入れた方は、人数に含まれません。 
  • 平成28年1月1日以後に行われる申請から、特別徴収義務者の法人番号の記載が必要となります。(記載欄がない旧様式を用いる場合、余白等に記載した上で提出をお願いします。)    

お問い合わせ

総務部 税務課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1116
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください
PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード  新しいウインドウで表示

このページについてお聞かせください