「カル鉄ごはん」食育レシピ

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2019年08月19日 09時00分

最終更新日 2019年08月19日 09時37分

 毎月19日は「食育の日」です。食育は、子どもから大人まで生涯にわたって必要です。
今年度は、年代に応じた食生活のポイントやレシピを紹介します。家族や仲間と食卓を囲み、食べることの楽しさや大切さを考えてみましょう。
妊娠期の食事(カルシウム不足予防)
 カルシウムは、赤ちゃんの骨や歯をつくる材料となります。また、足のけいれんや歯肉炎などの妊娠中のトラブル予防にも大切です。日本人は、もともとカルシウムが不足気味なので、特に意識してとりましょう。カルシウムは、牛乳・乳製品や小魚類のほかに、野菜や海藻、大豆製品にも多く含まれます。

<1日に摂取したいカルシウムの量>
18歳以上女性:650ミリグラム

<カルシウムを多く含む食品の例> ※( )はカルシウムの量
乾燥ひじき10グラム(100ミリグラム)、切り干し大根10グラム(50ミリグラム)
しらす干し10グラム(52ミリグラム)、木綿豆腐100グラム(86ミリグラム)

今月は、カルシウムが多く含まれる食品を使った、簡単混ぜごはんです。妊娠期に大切な鉄もとれます。R1.8 カル鉄おむすび

カル鉄ごはん

材料(1人分)

玄米ごはん茶碗1杯(150グラム)、乾燥ひじき大さじ1(1グラム)、しらす干し小さじ2強(4グラム)、みりん小さじ2分の1(3グラム)、しょうゆ小さじ3分の1(2グラム)、プロセスチーズ1個(18グラム)、ごま小さじ2分の1(1グラム)

作り方

  1. 乾燥ひじきは、水でもどし、さっと洗って水気をきる。
  2. プロセスチーズは、角切りにする。
  3. 耐熱容器に、ひじき・しらす干し・みりん・しょうゆを入れて混ぜ合わせる。
  4. ラップで包んで、電子レンジで1分加熱する。
  5. 玄米ごはんに、チーズ・4・ごまを入れ、全体を混ぜる。

1人分の栄養量

エネルギー336キロカロリー、たんぱく質10.6グラム、脂質7.1グラム、炭水化物56.2グラム、カルシウム179ミリグラム、塩分1.1グラム

ポイント

カルシウムがしっかりとれる主食です。必要な食事量が増える妊娠後期の間食にもおすすめです。
今回は、市販されているレトルトの玄米ごはんを使用しました。白ごはんでも美味しいです。

なかつ食育指針
「なかつ食育指針」を実践して毎日の食生活を楽しく送りましょう

お問い合わせ

生活保健部 地域医療対策課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111(地域医療対策係 内線682・市民健康推進係 内線312)
FAX:0979-24-2342
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください