「野菜たっぷり生春巻き」食育レシピ

公開日 2020年09月19日

更新日 2020年09月19日

毎月19日は「食育の日」です。食育は、子どもから大人まで生涯にわたって必要です。
今年度は、年代に応じた食生活のポイントやレシピを紹介します。家族や仲間と食卓を囲み、食べることの楽しさや大切さを考えてみましょう。

野菜を食べるのは、なぜ大切?

野菜は、ビタミンやミネラル、食物繊維をたくさん含んでいます。「ビタミン」は、ごはんやパンなどの炭水化物を体内でエネルギーに変わる手助けをしてくれます。「ミネラル」は、骨や筋肉、血液などの重要な成分であり、体の環境を一定に保つことに大切です。「食物繊維」は、便秘予防や血糖値の上昇を抑制してくれる働きがあります。野菜を食べることで、脳卒中や心臓病、がんにかかる確率を低下させるということが分かってきています。

大分県では、「まず野菜、もっと野菜」プロジェクトを進めています。最初に野菜を食べること、今より70グラム多く野菜を食べることの推進に取り組んでいます。

詳しくは、【大分県】「まず野菜、もっと野菜」プロジェクトについてをご確認ください。

生春巻き

野菜たっぷり生春巻き

今回は、色々な野菜を巻いて作ることができる野菜を使ったおすすめレシピをご紹介します。

材料(2人分)

  • ライスペーパー 4枚
  • えび 8尾
  • レタス 4枚
  • 黄パプリカ 3分の1個
  • きゅうり 2分の1本
  • スプラウト 10グラム
  • 塩 ひとつまみ
  • 酒 大さじ2

コチュマヨソース

  • コチュジャン 小さじ2
  • マヨネーズ 大さじ1
  • 砂糖 小さじ2分の1

作り方

  1. えびは背ワタを取り除き、塩と酒でよく揉む。水洗いをし、熱湯で茹でる。
  2. 黄パプリカは薄切りにする。きゅうりは5センチ長さの千切りにする。スプラウトは根元を切り落とす。レタスは洗っておく。
  3. コチュジャンとマヨネーズ、砂糖を混ぜ合わせておく。
  4. ライスペーパーをぬるま湯にくぐらせ、まな板におく。
  5. 具材をライスペーパーの中心より手前に並べ、ひと巻きし、左右を折り込み、きつく巻く。
  6. 斜め半分に切り、盛り付けたら、できあがり。

1人分の栄養量

エネルギー154キロカロリー、たんぱく質9.7グラム、脂質5.0グラム、炭水化物17.3グラム、塩分0.6グラム

ポイント

巻き始めをきつくしておくことで、きれいに巻くことができますよ。

なかつ食育指針
「なかつ食育指針」を実践して毎日の食生活を楽しく送りましょう

お問い合わせ

地域医療対策課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111(地域医療対策係 内線682・市民健康推進係 内線312)
FAX:0979-24-2342

このページについてお聞かせください