風しんの追加的対策について

公開日 2020年09月18日

更新日 2020年09月18日

昭和37年4月2日~昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、風しんの公的な予防接種を受ける機会がなかったため、抗体保有率が他の世代に比べて低くなっています。対象者に、風しんの抗体検査と予防接種が無料で受けられるクーポン券を郵送しますので、お早めにご利用ください。

対象者

昭和37年(1962年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日までに生まれた男性

クーポン券について

対象者には、風しん抗体検査と予防接種を無料で受けられるクーポン券を令和2年6月に発送しました。

クーポン券があれば、中津市内の医療機関だけでなく、全国の医療機関で風しん抗体検査や予防接種を受けられます。

風しんの追加的対策の抗体検査・予防接種ができる医療機関

中津市内:風しんの追加的対策実施医療機関(中津市)[PDF:150KB]

中津市外:厚生労働省ホームページ 全国の実施医療機関が確認できます。

抗体検査・予防接種までの流れ

  1. 医療機関に予約する
  2. 医療機関で抗体検査を受ける
    クーポン券が必要です。免許証などで本人確認を行います。
  3. 抗体検査の結果を確認し、十分な抗体がない場合は、予防接種を受ける
    「抗体なし」の場合、予防接種を受けます。医療機関に事前に予約を入れてください。
    接種するときは、クーポン券と抗体検査の結果が記載されている「抗体検査受診票」が必要です。
    ※「抗体あり」の場合、予防接種の対象となりません。

クーポン券の有効期限

令和3年(2021年)3月末

※有効期限内に利用しなかった場合は、中津市地域医療対策課(電話0979-22-1170)までご連絡ください。

転入されてきた方・クーポン券を紛失された方

  • 住民票がある市区町村が発行したクーポン券のみご利用できます。
  • 転出、転入で住民票が変わった場合は、住民票がある市区町村の担当課までお問い合わせください。
  • クーポン券を紛失された場合は、中津市地域医療対策課(電話0979-22-1170)までご連絡ください。
  • すでに公費で検査・接種された方は対象になりません。2回目は全額自費になります。

風しんについて

風しんは、発熱及び発疹を主な症状とし、ウイルスが飛沫感染により人から人へ感染し、感染力が強い疾患です。風しんに対する免疫が不十分な妊婦が風しんウイルスに感染すると、先天性風しん症候群の子どもが生まれてくる可能性が高くなります。先天性風しん症候群の障がいは、心臓や目、耳など多岐にわたります。

問い合わせ先

中津市地域医療対策課
電話 0979-22-1170

中津市地域医療対策課 支所窓口
電話 0979-26-4008

お問い合わせ

地域医療対策課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111(地域医療対策係 内線682・市民健康推進係 内線312)
FAX:0979-24-2342

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

このページについてお聞かせください