【市長フォト】平成二十八年中津市消防団出初式

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2016年01月09日 12時50分

中津市消防団出初式の様子
 
訓練を見守る奥塚市長
 

 平成28年1月9日土曜日、平成二十八年中津市消防団出初式が大貞総合運動公園第2駐車場で行われました。
 奥塚市長は「中津市消防団は、平成十七年三月の合併により、ひとつの消防団として統合し、今年は十一年目となります。一昨年の機能別消防団員制度の導入や初めての女性消防団員の誕生に加え、昨年十月には消防団活動に積極的にご協力いただいている市内十六事業所を『中津市消防団協力事業所』として認定し、消防団員の活動環境を整備したところです。こうしたことは、中津市消防団にとって大変喜ばしい事です。消防団員のみなさんは、常日頃、地域における消防・防災のリーダーとして、昼夜を問わず火災を始め、あらゆる災害に際して住民の生命、身体、財産を守るため、献身的に努力されていることに対し深く敬意を表し、心から感謝申し上げます。昨年九月には、関東・東北豪雨により鬼怒川の堤防が決壊して大規模な水害に見舞われましたことは、記憶に新しいところです。幸いにも当市におきましては、大きな被害を伴う災害の発生はございませんでしたが、依然として大規模地震の発生が危惧される中、地域防災の要である中津市消防団に寄せられる市民の期待と信頼は、ますます大きくなっております。このような状況の中、災害現場や行方不明者捜索における中津市消防団の統制された迅速な活動は、消防人として任務を全うするという強い使命感で五つの方面団が結束している賜物であり、改めて頼もしさと心強さを感じている次第であります。市といたしましても、昨年十二月に35m級先端屈折式はしご自動車を更新したところであり、さらに消防車両をはじめとした消防資機材や、消防団詰所などの施設の更新や新設を計画的に行なうことで、消防力の充実・確保に鋭意努力しているところです。また、私の政策である『安心づくり』『元気づくり』『未来づくり』『連携し結びます』の四本の柱を基に、みなさんと共に中津の力を総結集し、市民の皆様が安全で安心できる市民の暮らし満足度ナンバーワンを目指してさまざまな取り組みを行ってまいりたいと思います。団員のみなさんにおかれましても、任務の重要性を深くご認識いただき、伝統ある消防精神を堅持されますと共に、新たな決意をもって一層ご精進くださいますよう切望いたします。」とあいさつしました。

平成二十八年中津市消防団出初式の詳細はこちらをご覧ください。

お問い合わせ

総務部 秘書広報課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111(内線781)
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください