【市長フォト】第52回耶馬溪中学校入学式

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2016年04月12日 15時10分

耶馬溪中学校入学式の様子
 
お祝いの言葉を贈る奥塚市長
 

 平成28年4月12日火曜日、耶馬溪中学校で「第52回耶馬溪中学校入学式」が執り行われました。
 奥塚市長は「新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。今日から皆さんはいよいよ中学校の1年生です。これから始まる中学校生活に緊張感をもちながら、新しい世界への希望に燃え、大きな夢を抱いていることでしょう。中学校では教科によって先生がかわります。本格的な英語の学習が始まります。部活動や様々な体験活動もあります。どんなことにも一生懸命取り組みチャレンジし、小学校で身に着けた力を、中学校でさらに伸ばしていく時です。そして、将来、社会にでて活躍する土台を築く時でもあります。さて、皆さんの住むここ中津市は、多くの偉人を生んだまちです。慶応義塾大学の創設者で知られる福澤諭吉先生は「学問のすすめ」の中で、「一生懸命学ぶこと、そしてそれを役立てることが大切だ」と述べています。これからの三年間、一生懸命、勉学やスポーツに励み、自分自身の大きな夢や希望を実現するために、長い人生の基礎を築いていってください。そして、いろいろな人との出会いやさまざまな体験を通して、力強く成長されることを願っています。耶馬溪中学校は、学校を挙げていろいろなことに積極的に取り組んでいます。中津市は、休みの日や放課後の時間帯に「学びのススメ塾」や「学びの英検塾」を主催しておりますが、耶馬溪中学校は全生徒がこの取り組みに参加され、成果を上げています。授業はもちろんですが、朝の会、帰りの会、給食活動に担任だけでなく、全ての先生が参加します。生徒と先生で1つの大きな家族を形成しているようだと伺っております。また、耶馬溪の「耶」をとって「耶学」と名付けた補充学習にも全ての先生方が、教科を超えて関わり、生徒の皆さんの学力向上に力を入れています。さらに、道徳の授業では、広く地域の人を外部講師として招き入れ、身近な生活や社会とつながる視点で、生徒が主体的に取り組む道徳の授業が展開されています。このような優れた特徴のある耶馬溪中学校で、是非、学力・体力を身につけ、自分をしっかり持ちつつ、人を思いやれる心、徳をもった人間に成長していただきたいと思います。私は「学びたい教育のまち中津」を掲げ様々な取り組みを進めています。中津の「安心づくり」、「元気づくり」、「未来づくり」のために、私たちの宝であり無限の可能性をもつ子どもたちの教育を全力をあげて推進していく所存です。最後になりますが、新入生をはじめ在校生の皆さんが健康で、伸び伸びと楽しく充実した学校生活を送ってくださることを心からご期待申し上げ、ご出席の皆様のご健勝をお祈りします。」とお祝いの言葉を贈りました。

お問い合わせ

総務部 秘書広報課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1111(内線781)
FAX:0979-24-7522
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください