小柿山光円寺のしだれ桜

公開日 2013年10月09日

更新日 2017年05月09日

小柿山光円寺のしだれ桜

概要

当寺は天文2年(1553年)に願主光円寺理才で、開基は教林とあります。最初は、玖珠郡八幡村志津理(玖珠町)にあり、逐次移転され現在地に永住再建したと伝えられています。現在の建物は失火などにより130年余り前に建てられたものです。

この寺は、小柿山集落の小高い所にあり、境内地の右前に「しだれ桜」があります。幹の太さは約3メートル、高さ10メートル余りで、門前の市道に10メートル四方に渡り垂れ下がっており、開花の季節には見事に咲き香り、筆舌に尽くしがたい美観です。樹齢350年以上といわれ、樹種も珍しいそうです。

開花時期は、3月下旬から4月上旬です。この時期、地元の加工グループによる「桜まつり」も開催されます。

光円寺しだれ桜(深耶馬溪小柿山集落)簡易マップ[PDF:201KB]

詳細情報
所在地 耶馬溪町大字深耶馬(小柿山集落)
※駐車場有
営業時間・定休日
利用料金
お問合せ先

耶馬溪支所地域振興課
電話:0979-54-3111(代表)
ファクス:0979-54-2646

関連リンク

地図

小柿山光円寺のしだれ桜

お問い合わせ

耶馬溪地域振興課
住所:〒871-0405 大分県中津市耶馬溪町大字柿坂138番地1
TEL:0979-54-3111
FAX:0979-54-2646

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

このページについてお聞かせください