家具類の転倒防止、落下防止 

Google+でシェア
Facebookでシェア

公開日 2014年04月01日 00時00分

最終更新日 2016年04月18日 16時26分

家具類の転倒・落下防止方法

防災写真1

転倒・落下防止のポイント
 転倒防止金具などで固定し、倒れにくくしておく。サイドボード、食器戸棚、窓などのガラスが飛散しないようにしておく。 本棚や茶ダンスなどは、重い物を下の方に収納し、重心を低くする。
 棚やタンスなどの高いところに危険な物を戴せて置かない。食器棚などに収納されているガラス製品(ビン類など)が転倒したり、すべり出さないようにしておく。

防災写真2

具体的な固定方法
 二段重ねの家具類は、上下を平型金具などで固定する。柱、壁体に固定する場合は、L型金具とモクネジで家具の上部を固定する。
 ガラスには、ガラス飛散防止フィルムを張る。吊り戸棚などの開き扉は、掛金などにより扉が開かないようにする。
 食器棚のガラス製品(ビン類など)が、転倒したりすべり出さないよう防止枠を設ける。

 

非常用として備えておくもの

防災写真3

非常持出品
 両手が使えるリュックサックなどに、避難の時必要なものをまとめて、目のつきやすい所に置いておく。
 飲料水・携帯ラジオ・衣類・履物・食料品・マッチやライター・貴重品・懐中電灯・救急セット・筆記用具・雨具(防寒)・チリ紙など生活に欠かせない用品です。

防災写真4

非常備蓄品
  地震後の生活を支える物
  一人3日分程度(食料品等)
停電に備えて
  懐中電灯・ローソク(倒れにくい物)
ガス停止に備えて
  簡易ガスこんろ・固形燃料
断水に備えて
  飲料水(ポリ容器等)
  ※1人1日3L目安

防災写真5

防災準備品
  地震直後の火災や家屋倒壊に備える物
火災に備えて
  消火器・三角消火バケツ・風呂の水の
  汲み置きなど。
避難・救出に備えて
  おの・ハンマー・スコップ・大バール・
  防水シート・のこぎりなど。

 

関連ワード

お問い合わせ

消防本部 消防課
住所:〒871-0027 大分県中津市大字上宮永364
TEL:0979-22-9831
FAX:0979-22-4805
備考:迷惑メール防止のため @ は _アットマーク_ と標記していますので変更してください

このページについてお聞かせください