災害時に開設する避難所の新型コロナウイルス感染症対策について

公開日 2020年06月29日

更新日 2020年06月29日

 大規模災害時の避難所では、「3つの密(密閉・密集・密接)」の条件が重なりやすいことから、新型コロナウイルス感染予防対策が必要となります。
 中津市では、開設する避難所の見直しや、密集・密接を避けるための間仕切りの設置や換気などによる衛生環境の確保に努めます。また、体調の優れない方や感染症に罹患した場合に重症化しやすい方を別の避難所に避難していただくなどの対応を行うなど、避難所における感染予防に取り組みます。

1.避難行動のポイントについて

 災害時における避難行動のポイントをまとめた記事を別途作成しております。

2.非常時持ち出し品について

 これまで、各ご家庭で備えていた非常時持出品に加えて、次のものをご持参願います。

避難所に持ってきていただきたいもの

  • マスク
  • 体温計
  • (ペーパー)タオル、ハンカチ
  • 石鹸、手指消毒液
  • てぶくろ(使い捨て)
  • ビニール袋

3.発熱や咳等の症状がある方の避難所について

 発熱や咳等の症状がある方については、中津市の保健師が常駐している体調不良者専用の避難所をご用意しております。
 詳細については、災害時の避難所開設の際に、中津市防災危機管理課、各支所総務・住民課、災害時に避難した避難所の市職員までお問合せ下さい。

4.新型コロナウイルス感染症に感染した場合に重症化しやすい方の避難所について

 次に該当する方を対象として、必要に応じて予め了解を得た市内のホテル・旅館や、福祉避難所を開設します。
 詳細については、災害時の避難所開設の際に、中津市防災危機管理課、各支所総務・住民課、災害時に避難した避難所の市職員までお問合せ下さい。

重症化しやすい方の目安

  • 要支援・要介護認定を受けている高齢者
  • 糖尿病、心不全、呼吸器疾患等の基礎疾患がある方や透析を受けている方
  • 免疫抑制剤や抗がん剤を用いている方
  • 妊娠をしている方
  • その他健康面など特に配慮を要する方

お問い合わせ

防災危機管理課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-22-1113
FAX:0979-24-7522

このページについてお聞かせください