地震火災を防ぎましょう

公開日 2021年01月05日

更新日 2021年02月16日

地震が起きると、火災が発生する危険があります

地震による火災の過半数は電気が原因です

  • 日常生活に欠かせない電気も地震が起きた時には、出火の原因になります。
  • 地震時の火災を防ぐため、日ごろから次のようなことに気をつけ、地震が起きた場合に、火災が起きないようにしましょう。

地震火災を防ぐポイント「地震火災対策きちんと出来ていますか?」

事前の対策

  • 住まいの耐震性を確保しましょう。
  • 家具などの転倒防止対策(固定)を行いましょう。
  • 感震ブレーカーを設置しましょう。
  • ストーブなどの暖房機器の周辺は整理整頓し、可燃物を近くに置かないようにしましょう。
  • 住宅用消火器などを設置し、使用方法について確認しましょう。
  • 住宅用火災警報器を設置しましょう。

地震直後の行動

  • 停電中は電気器具のスイッチを切るとともに、電源プラグをコンセントから抜きましょう。避難するときは、ブレーカーを落としましょう。
  • 石油ストーブや石油ファンヒーターからの油漏れの有無を確認しましょう。

地震が発生してしばらくして(電気やガスの復旧、避難からもどったら)

  • ガス機器、電気器具及び石油器具の使用を再開するときは、機器に破損がないこと、近くに燃えやすいものがないことを確認しましょう。
  • 再通電後は、しばらく電気器具に異常がないか注意を払いましょう。(煙・におい)

日頃からの対策

  • 消防団や自主防災組織などへ参加しましょう。
  • 地域の防災訓練へ参加するなどし、発生時の対応要領の習熟を図りましょう。

 

お問い合わせ

消防課
住所:〒871-0027 大分県中津市大字上宮永364
TEL:0979-22-9831
FAX:0979-22-4805

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

このページについてお聞かせください