過疎地域での新婚生活を支援します(中津市結婚新生活支援事業補助金)

公開日 2021年07月13日

更新日 2021年07月15日

令和3年度中津市結婚新生活支援事業補助金

 中津市では、過疎地域の移住・定住支援として、結婚して新生活を始める世帯に対して、新生活に係る住居費および引越費用等の一部を補助します。
※過疎地域とは、旧三光村、旧本耶馬渓町、旧耶馬溪町、旧山国町です。

 チラシ[PDF:342KB]
 補助要件該当フローチャート[PDF:197KB]

対象となる世帯

次の条件をすべて満たす世帯が対象になります。

  1. 令和3年1月1日から令和4年3月31日までに婚姻届を提出し、受理されていること。
  2. 婚姻日における年齢が、夫婦ともに39歳以下であること。
  3. 申請時点で、夫婦ともに過疎地域(旧三光村、旧本耶馬渓町、旧耶馬溪町、旧山国町)内に現に居住し、中津市に住民票があること。
  4. 夫婦の所得金額の合計が400万円(年収に換算すると、約540万円程度)未満であること。
    ※貸与型奨学金を返済している方は年間返済額を所得から控除します。
    ※婚姻を機に離職し、申請期間中無職の方は所得なしとします。
  5. 市税等の滞納がないこと。
  6. 他の公的制度による家賃補助等を受けていないこと。
  7. 過去にこの制度に基づく補助を受けたことがないこと。
  8. 補助金の交付を受けた日から5年以上、過疎地域に居住する意思があること。
  9. 中津市暴力団排除条例(平成23年中津市条例第3号)に規定する暴力団員等でないこと。

対象となる経費

令和3年1月1日から令和4年3月31日までに支払った次の費用が対象です。

  1. 婚姻に伴う住宅取得費用(※リフォーム・土地の取得費は除く)
  2. 婚姻に伴う住宅賃借費用(賃料、敷金、礼金、共益費、仲介手数料)
  3. 結婚に伴う引越費用 (引越業者または運送業者に支払った費用)

補助額

「住宅取得又は住宅賃借費用」と「引越費用」を合わせた額で、1世帯当たり30万円を上限とします。

申請方法

申請をする前に、地域振興・広聴課(TEL:0979-62-9033)までご相談ください。
その後に、必要書類を揃えてください。

申請書類

  1. 中津市結婚新生活支援事業補助金交付申請書(様式第1号)
  2. 中津市結婚新生活支援事業補助金実績報告書(様式第6号)
  3. 中津市結婚新生活支援事業補助金精算(概算)払請求書(様式第8号)
  4. 婚姻後の戸籍抄本または婚姻届受理証明書
  5. 夫婦の記載がある住民票
  6. 夫婦の所得証明書
  7. 申請者名義の通帳の写し
  8. (別紙1)額算出表
  9. (別紙2)誓約書

申請内容によって必要となる書類

  • 貸与型奨学金を返済している場合
    貸与型奨学金の返済額がわかる書類 (所得証明書で証明された年中に返済した額)
  • 婚姻を機に離職した場合
    離職したことがわかる書類
  • 住宅を取得した場合
    • 売買契約書または工事請負契約書の写し
    • 住宅取得費の領収書または支払金額が確認できる書類の写し
  • 住宅を賃借した場合
    • 賃貸借契約書の写し
    • 家賃等の領収書または支払金額が確認できる書類の写し
    • (別紙3)給与所得者全員の住宅手当支給証明書
  • 引越をした場合
    引越費用を支払ったことがわかる領収書の写し(引越業者または運送業者に支払った費用に限ります。)

申請期間

令和4年3月31日まで
※令和4年2月28日までに、申請内容について、ご相談ください。

申請書類の様式

申請に必要な書類はダウンロードしてご使用ください。

PDF形式

Excel形式

お問い合わせ

地域振興・広聴課
住所:〒871-8501 大分県中津市豊田町14番地3
TEL:0979-62-9033
FAX:0979-24-7522

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

このページについてお聞かせください